激走!いわきサンシャインマラソン! 8


いわきサンシャインマラソン!!
走ってきました!
いわき!最高です!

ホントに・・・

でも・・・
こんなにも悔しいレースになるとは・・・

土曜日は、天気もよく、近所の早咲きの梅が咲いて
まるで春の陽気。気温は20℃近くまでいったらしい。

いわきまでは、東京駅から特急ひたち号でおよそ2時間ほど。
電車の中から見た雲模様どこか重く怪しい・・・

正に嵐の予感を漂わせていた

いわき、に着いたあとはマラソン大会のウエルカムパーティへ。
周りは仲間内ばっかりで全く会場の雰囲気に馴染めなかった・・・(。-ω-)
しかも目の前には酒が!!こ、これは何かの拷問か??
フラマラソン前日に飲むのは流石に・・・・が、ガマンだ!!!

その後は地元のヨーカドーで買いだし。
ホテルで準備をしながらレースのシミレーションをして眠りについた・・・

翌日、めが覚めると、風がホテルの窓ガラスを叩いていた。
悪天候!!やはり予報通りになった・・・(ノД
)・゜・。
そして気温が朝の7時だというのに、すでに15度・・・

そんな妙な天候のなかでも会場には活気と独特の緊張感。

いつもの通りスマホのランニングアプリを起動する・・・
始まるんだ!・・・レースが!!

時が来ると、ヨイドン!!という
やたらとタメの短い号砲と
共に一斉にスタート!!

アレは何だったんだ?と悩みつつ
スタート直後は、渋滞のため中々先へ進めない。
この先へ進めないという感覚が、
今思えば若干焦りを生んだ・・・

スタートから8キロ当たりまでは
海岸線に向かって下りが多い

いわきのコースは、
この前半に罠が仕掛けられている

下りで自然と速度が上がってしまうのだが、
それに気付かず「自分は抑えて走っている」と思い込む。

俺はまんまとこの罠にかかった・・・

しかも、「この下りを利用して、
スタート渋滞の時の時間を挽回しよう!」と、思った事も、今思えば

いわば悪魔のささやき
抑えて走るという鉄則を怠った
レースの充実感で酔っていたように思う

12キロ付近だったか・・・
目の前に海岸線が、ワっと現れた!!

(*‘∀‘)

天気が悪いとはいえ、
これは圧巻だ!!

 

加え・・・
沿道の応援が凄まじい!!
太鼓の音頭!
5歳ほどの子供から・・・
齢70を超えるだろう老人が!!
みなが応援してくれる・・・・
感動!まさに感動!

対向車線のドライバーすらも
車から出てきて応援する・・・・

さらには
「ありがとう!!」
という言葉が・・・

無論、全身に力が入る!!
「この応援に応える!!」

空回りはここから
始まったのかもしれない・・・

 

 

先に挙げた通り気温が高かったおかげで、
汗もかきすぎていた

20キロ付近で少しダレる
坂道があったからだ

この時から違和感を感じ始める・・・

ハーフの通過タイム
1時間56分

25キロを超えると
その違和感は、違和感ではなくなった

「え? おれこんなに走れない人だっけ??
え??ちょっとまて・・・
全く脚に残っていない・・・
(脚に残るとは力を蓄えること)

何かがおかしい・・・

脚が・・・
前半抑えたはずが・・・

これはマズい・・・

そう思った30キロ過ぎ
すこし速度を落とそう・・・
そうだ、速度を落とせば楽になる!
少しストレッチしたら良くなるに違いない
よし!速度を・・・

と、歩幅を変えたその瞬間である
足のほとんどの筋肉がつる!!
表も裏もである!

強烈な痛みでその場に転倒

あまりに情けない姿!!

脚が動かなくなった・・・
残り12キロ・・・

 

この時、心が折れた
「サブ4はムリだ・・」

今思えば、ここがターニングポイント・・・

 

 

脚がつったあとは悲惨だった。

「記録?」
「そもそもなんで走ってる??」
「なんなんだ??」
「こんなの世の中の人だでも見てない」
「俺ってショボい・・・」

あらゆる自己否定が起きた・・・

そして・・・

あのさ、そろそろ
走るのやめない?
心の中で悪魔が囁く

別に棄権したっていいじゃん。。。
お前のことなんか誰も気にしてない。。。

やめちゃえよ!

 

頭の中でこんな聞こえた瞬間・・・

 

 

沿道から
声が聞こえた

 

 

「がんばれ!!
あとちょっと!!」

 

 

あとちょっと。。。

・・・
そうだよね・・・
あとちょっと・・・
あとすこし。。。

分かった!!
俺!走る!!

 

体を振り絞った!!
そうだ!!あと少しじゃないか!!

残り7キロ付近、
時間は3時間11分!!

まて、まて、まて!!!
残り7キロ・・・49分なら・・・

サブ4イケるかも!!
ここで心が蘇る!

だが・・・心とは裏腹に
肉体は限界を超えていた・・・

太もも、ふくらはぎ、すね、足首、
すべてに異常が起きていた・・・

動かない。。。
走るための体の組織すべてが
全く機能しない・・・

 

走れない・・
否、動けない・・・

もう作戦もクソもなかった・・・
ただ前へ、ただそれだけ

 

ゴール直前
実況で、471番!酒井君!!
という声が聞こえた・・・

恥ずかしい・・・
最大目標であるサブ4達成まで
あと8分ほどだったからだ・・・
完敗!!
自分に負けた・・・
30キロすぎ・・・
諦めてなければ・・・
あそこで・・・
くそ・・・

くそ・・・・・・

チキショーーー!!!

 

 

終わった・・・
いわきサンシャインマラソンが終わった

レース後、天候が回復し日差しが選手を温める。

 

あの日差し・・・・
レースが無事に終わったことを告げていた

いわきサンシャインマラソン正式記録

4時間8分39秒

サブ4まであと8分である・・・

 

 

悔しい!!!

 

 

その後はいわきをサンシャインマラソンの会場を散策

 

そこで思った

 

いわきの人、
元気いっぱいだね!!

 

地震、災害、復興、風評・・・苦難・・・
それらを乗り越えても笑顔・・・

いわきサンシャインマラソンの
サンシャインとは、
人の心が太陽のごとく光輝くこと!
いわきの心意気そのもの!

あっぱれ!!
実にあっぱれ!!

 

誓おう!いわきサンシャインマラソンに
再び挑戦しよう!!
そしてリベンジを!!!

 

いわきサンシャインマラソン
お前は俺のヒーローだ!!

いわきの応援団
すべてに感謝!!
応援がなかったら完走すら危うかった!!

 

ありがとう いわき
ありがとう!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 thoughts on “激走!いわきサンシャインマラソン!