速く走る 1


大会まであと一か月を切った!

今回の大会

狙うはただ一つ!
サブ4の達成だ!

今まではウルトラマラソンのために
長く走る訓練をやってきた・・・

確かに長く走る事は出来るようになった。
それは間違いない。

だが、
長く走る事と、速く走る事は
まったくの別物

最近は少し速度を付ける訓練をしている。
今まではキロ当たり、6分半~7分とゆったりとしたペースだったが、
今は5分半前後。1分ほど早いペースで走るように心がけている。

そこで改めて気づいたのは、
速度を上げるためにはある程度筋力を使う点。

ごくごく当たり前の事なのだが、
実際にやってみると、その難しさに気付かされる。

筋力を使うという事はそれだけ酸素消費量も多い。
だから今まで以上に息が上がる。
そして筋肉が常に緊張するために、
長い時間速度を維持することが難しい。

サブ4達成には、
1キロあたり5分40秒のペースで
4時間近く走り続けることになる。

今のままでは3時間も続けたら、そこから徐々に失速する。
もっともっと、速度を上げ、かつそれを維持する力が必要だ。
ホントにこのままで大丈夫なのだろうか・・・

しかも、足底筋膜炎は未だに治っていない。

あのいわきの失敗が頭によぎる。

序盤につっこみすぎて、30キロ過ぎに失速して撃沈という
レースメイク失敗の典型例を見事にやってのけた。

まだまだ、走力不足。
まだまだ、未熟。

 

だが!希望はある!

最近のトレーニングで、速度を維持するコツが徐々につかめてきた。

要するに、筋力を使う事を意識するのではなく、
筋力を使えるフォームの維持に集中すること。

今はこれが最大のポイントだと思っている。

重心を高く維持、つまり腰を高く保つ事。
骨盤、背筋の傾きを維持する事。
体感を使って支える事。
フラットに足を着地させる事。
上半身の力で腰に回転力を与える事。
上半身を動かすために肩甲骨から腕を動かす事。
キックの際の地面から離れる足が
つま先までキッチリ触れていると感じる事。
力みと緩みを使い分ける事。

走っていて感じるフォーム維持のコツを
どこまで本番で発揮してぶつけられるか。

 

持久力はある。
あとは、レースメイクと走りに集中すれば。。。。

必ずサブ4は達成できるはずだ!

あと1か月しかない、と思うか
まだ1か月もある、と思うか。

大会まであと28日

真価が問われる・・・。


コメントを残す

One thought on “速く走る