単純位相計算 その4


前回は位相を回転に置き換えて実行してみた

今回はそれを多関節にして動作させてみた。ちなみにイチイチ、設定数値を書き換えるのがメンドクサイので計算をUI化してみた。

こんな感じ

 

実際に多関節で動作させて
そこから色々分かってきた

 

 

まず、この位相演算をベクトルとして計算すると以下の点が分かってくる。

ベクトルの長さに反比例して回転強度が上がる。

強度と言う言葉が適当かどうかは分からないが直観的には強度という感じ。

マトリックスとして計算すればジンバルは起きない

ただ今のところ単純な事しかしてないけど、ホントはマトリックスで操作したいところかな。

元々親に何らかのアニメーションがついていれば、その値に向かって収束する。

要するに、好きな形に向かって変形してくれるって寸法。そりゃ当たり前だwwもともと目標めがけて収束してんだから。

 

さて、これで空間的に位相を起す多関節まではテストできた。

今後の課題は以下の物をここに取り入れる。

フォース

コリジョン

 

あとは出来れば、ホントにマトリックスとして計算してやりたい、今は単純な事しかやってないからなぁ~~・・・

 

この二つが入れば、お手軽な疑似シミュレーションツールが完成出来るかもねwww

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です