Pythonコーディング環境を用意してみる その2 環境変数登録編 1


前回のおさらい

ひとまず、簡単なPythonのコーディング環境の準備をしてみた。
まとめると、

VSCodeのインストール。
Python本体のインストール。
とりあえずPythonの実行。

という感じ。

まずは、pythonの実行のおさらいを少しだけやる。

 

 

Pythonの実行の復習

コマンドプロンプトを起動してpythonと入力すると
コマンドプロンプトで簡単なpythonの確認ができる。

 

ってのは前回の話。

 

 

ショートカットで windowsキー+R から cmd と打ち込みokを押す。
つぎに・・・

 

 


pythonディレクトリまで移動して python と打ち込む。
この時、わざわざ Python のディレクトリまで移動しなくても
c:\Python27\python と打ち込んで直接実行しても結果は同じ。

 

 

こんな感じで、直接Pythonをじかに実行しても結果はおなじ。
しっかりPythonが動いている事が確認できる。

 

ただ・・・
これだとメンドクさい

イチイチ、c:\Python27\pythonと打つのも、
ディレクトリにcd..とか打ち込んで移動するのも

とにかくめんどくさい。

面倒な上にクサイ
(´・ω・`)

そこで、Pythonまでの環境パスを通してしまおう!

 

 

Pyhtonのパスを環境パスに追加する

環境パスにPythonパスを追加しておくことで、
Pythonと打ち込むだけでPyhtonを動かせるようにする。

まずは、システム管理を開く。

 

ちなみに画像が

Windows10なので悪しからず

 

Windowsマークの上で
Ctrlキーを押しながら右クリック。
すると、少し上にコントロールパネルがあるので開く。

ほかのWindowsでも
コントロールパネルからの操作は変わりないので参考までに。

つか・・・なんでこんな分かりづらくなってんだよ・・・
だれだよこれ考えたマイクロソフトの人は・・・

 

 

次にシステムを開こう。
ヨーク探せばきっとあるはずだヨ!!

 

 

システムの詳細設定を開く。
何て奥が深いんだ・・・
いつ辿り着くんだぁ~~~!!!

 

 

詳細設定タブを開くと
ようやく環境変数まで辿り着いた。
この環境変数を開く。

環境変数は文字通りの意味。
環境に設定されている変数の一覧だ。
ここで自分の都合に合わせてパスを設定することが出来る。

 

 

上のユーザー環境変数の Path を選択。
次に編集をクリックだ。

 

 

新規 をクリックしてから C:\Python27\ と打ち込もう!
※もちろんPython27の27はPythonバージョンに合わせて設定してくだせぇ。

あとは OK を押して終わりだ。

 

環境変数に追加したので、
ここで一度、パソコンを再起動してくれ。

再ログインでも構わないかな。

 

では、先ほどと同じようにコンソールパネルで試してみよう。
コマンドプロンプトを起動して・・・・

 

 

そのまま pyhton と入力しただけで、pythonが動いているはずだ!
移動もせず、フルパス打ち込まないで、
これで簡単にpythonの簡単な動作確認ができた。

では次に・・・このコマンドプロンプトをVSCode上で動かしてみよう

 

 

VSCodeのコンソールを使ってみる

まずは、Vscodeを起動だ!
VSCodeは起動が早く、軽いのでとっても助かるよね~~。

 

 

 

まずは何も考えずエディター上で
ctrl+shift+@ と打ち込んでみると・・・

 

 

すると画面下にコンソールパネルが現れたはずだ!
この画面、先ほどのコマンドプロンプトと全く同じだ。
知っている人なら、もうこの見た目で何なのか分かるはず。

ちなみに

Windows10でVSCodeを使うと、
cmd.exe ではなく PowerShell.exe が起動する。
これは以前のVScodeのバージョンアップでそうなるように設定されたようだ。
※モチロン元にも戻せる。

さて、早速ここでさっきと同じことをしてみる。

 

 

こんな感じ!
コマンドプロンプトの時と同じで python と打ち込んでみると
pythonが起動する。
試しに打ち込んだprint分も問題ない様だぞ。

 

 

これで、イチイチパスを討たなくても、
いちいちコマンドプロンプトを立ち上げなくても、
VSCodeだけで、Pythonの基本動作が確認できるようになった!!

 

ちなみに・・・

わざわざ手で環境パスを追加しなくても、
インストール時に自動で環境パスを設定できる!!

って

それを早く言わんかい!!
(; ・`д・´)

い、いやほら・・・
これはあくまで復習だから、さ、ほら
(;´・ω・)

 

 

設定個所はココ。

 

 

 

 

さて今日の復習はここまで!

 

次回は、エクステンションのインストールと
洒落込むことにしよう。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “Pythonコーディング環境を用意してみる その2 環境変数登録編