ラジアンから度にしましょう


Maxで、オイラー角と位置をワイヤーパラメーターで結んで
言わば、位置で回転をコントロールなんて事を
試した人はいるともうが

その際に、なぜか、位置数値は1前後なのに
角度は恐ろしい数値になっていたとかないかい?

これは何故か?
実はラジアンが使われている

ラジアンとはこちら

みんなが知っている
360度で1回転という数値では無いわけだ・・・
なんだかややこしい話になってきた
つまり・・・・

位置数値=回転値
とは出来ない、
そこで、こんな方法を使ってみよう

radToDeg( 位置数値 )=回転値

こうすると回転値は、通常の角度ちとして計算される。
radToDeg()とは、()内に入れた数値を度に変換する
Maxに準備されている関数だ。

そして、これがラジアンの計算ね

ラジアン = 1 * ( π / 180 )

逆に度に直すには

度 = 1 * ( 180 / π )

となる。

ということは、ワイヤーパラメーターで
結んだときは。
1 * π /180を利用するか、radToDegでラジアンを度に変換してやればいいのだ。
あっはっはっは、なんとまぁ三角関数でも表せることがまたステキだ。
まぁ角度を扱っているからには、そう言うことになるのだ。

そう言う事になるんだぞー ジョジョー!!

ラジアンを侮る無かれ
ってところですかな

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください