単純位相計算 1


ごく単純な位相計算は
何があるだろうか??

単純な位相計算に係数を加えて行ったらどうなるだろうか?
という事でちょっと試してみた

以下がその式

[as3]

–単純位相

–係数
–aは1以下、1で無抵抗
–bは1以上、1で運動数が最大
a = 0.9;
b = 5;
–初期状態
Yvec = 5;
Xvec = 0;
Xtmp = 0;–一つ前の状態の保存
–実行回数
loop = 150;

print(“Start”)
–とりあえず1秒間fps = 30:1
for i = 1 to loop do
(

Xtmp = Xtmp * a + ((Yvec – Xvec)/b);
Xvec += Xtmp
Point pos:[i,Xvec,0] isSelected:off
print(Xvec as String);

);–for end
print(“Stop”)

[/as3]

以下実行結果

これはナカナカ面白い運動になった

さて、今度はこれを使ってアニメーション生成をやってみよう
ふふふふ、面白くなってきたぞ

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “単純位相計算