777枚で描く旅03 戸隠 下仁田編


1200キロツアー!

今度は我が地元
長野は戸隠へ

そして最後は254号
下仁田経由での東京帰還

コースはこんな感じ

大きな地図で見る

 

帰りはこれ

 


大きな地図で見る

長野の善光寺や戸隠は地元なので散歩レベル
ぐるっと回っても距離も70キロちょっと

 

ではその 79 / 777 枚をどうぞ

善光寺は平日でも相変わらず人が絶えない

伊勢神宮を見たあとなので
いかに仏教文化のデザインが
派手で豪華に作られているのかが実感できる

そうそう、伊勢神宮には
実は狛犬がいない

ほら、神社といったら狛犬でしょ?
でもその総本山には狛犬がいない

なぜか

前にもちょっと検索したことがあったが

狛犬はもともと仏教のから
伝来したもの

縁起がいいので神社にも置かれるようになったみたいだね、
なんだか日本人の柔軟さ、
ある意味では何でもありって感じが出ているいい例なんだろうな

そんなのを感じながら戸隠へ~~
県道78号は、まさに田舎の山道
山間をクネクネ曲がりながら戸隠まですり抜ける

これがソレ

 

戸隠奥社は、駐車場から歩いて30分~40分
ゆっくり歩けば1時間はかかるかも
昔の修験者が使っただろう修行場跡や
見事な杉並木道を散策しながら歩く

何よりとにかく静かで安らぐ
その感じをどうぞ!


ちなみに戸隠には狛犬がいるw

帰りに忍者屋敷によってみた

戸隠忍者!
平安の時代に生まれた忍術

CIAやFBIで修業してるって(・ω・)

戸隠忍術すげー

まぁ、映画バットマンビギンズでは
バットマンが修行する基本マーシャルアーツは忍術だしな

冷静に考えれば単に、日本の古武術を
護身術の一貫として
カリキュラムに入れてるって程度だろうけど

ナルトもびっくりだってばよ

 

つか、おれ長野県民なんだから
忍術使えないとイカんね

 

資料館には
実際の武具、ほかには当時の衣装や農具が展示されていた

写真はことごとくピンボケだけど・・

そして忍者屋敷

ネタばれ厳禁のため、
撮影出来なかったが

あれは面白い!
ひとりで挑んだが脱出まで30分以上かかったかも
子どもはもっと速いだろうなー

一番おもしろかったのは
平衡感覚を狂わせる部屋

正直キモチ悪くなります
ほんとに真っ直ぐ立っていられなくなるんだよ

そのあとは山道をぐるっと回って市街地へ
いやー、長野県は1時間もかからず山奥に行けるんだから
すごいよなー

その道中ついに距離計が999キロに!
いやー1000キロ行きましたよー

 

長野からは、254号を使って
軽井沢脇を抜けながら

あのネギで有名な下仁田へ

そこから脇にそれて秩父を抜けて東京まで

秩父で祭に遭遇したが
時間の関係上チラ見で帰ってきた

初めて下道だけで東京まで帰った
およそ8時間ちょっとだったろうか??

驚いたことに、
燃費は高速を使うよりもよかった

まぁ当然か
エンジンの回転数を低く抑えるからね

 

1200キロ!走り切った!!

 

最終的にはメーターは1300キロ

 

不思議なことに
毎日バイク乗っても飽きるってことがない
これがツーリングの魅力なのかもしれない

 

お次は富士山へ行ってきた
その時の様子をどうぞ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください