その他 わかった事UIの色などなど


まず

getUIColor で取得できる色point3値だが
0~1の範囲で取得されるので、*255とすることと
ただし、ImgTagを使っている場合は、color 0 0 0 が
アルファ抜きの値で拾われてしまうので、1以上の数にすること

簡単にやると

[as3]

–色指定が0~1になっちゃう

(color((getUIColor 12)*255+1) ((getUIColor 12)*255+1) ((getUIColor 12)*255+1))

[/as3]

0~1の値いを、0~255置換するやり方は
なにかあるかもしれないけど
ちゃんと調べてない

 

qsortについて
比較する関数を作っておいて、その関数のルールで比較させると
はやくてgood

[as3]

functionFn =(
a > b
);

qsort i functionFn;

[/as3]

まぁ、こんな感じ

 

StringStream値について

[as3]

loadFileTemp = openFile “C:\Program Files\Autodesk\3ds Max 2010\Scripts\SJTools\SJTools”;

–print(readValue loadFileTemp);
print(readLine loadFileTemp);
skipToString loadFileTemp “Version=”
print(readLine loadFileTemp);
–指定の場所まで飛ぶ
skipToString loadFileTemp “Logs=”
–指定の文字列が出てくるまで読み込む
print(readDelimitedString loadFileTemp “//”);
close loadFileTemp;

[/as3]

これ自体はたしたことでは無いんだけど
意外な事が一つ
読み込む文字列自体にコメントアウトが入っていると

ちゃんとコメントアウトを拾うらしく

文字列がスペースと置き換わって出力される
またStringStreamはgetIniSettingのような
巻戻した扱いができないので、順序を間違えないこと

あと、
間違ってもキーボードの
電源ボタンを押さない事

一回シャットダウンしちゃったよ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください