バイク免許欲しい! 8日目 あんたはオレのヒーローだ! 2


バイク免許欲しい! 7日目 スーパーカブは牛をも運ぶ

実は先週から続いた熱が、まだ出ている
あんまり続くモンだから今日医者にいった
血液検査の結果、原因不明
さらなる検査に回された

まさかとは思うが右脇が原因か?

13時限目 40k/h急制動(第二段階4時限目)

今日はまたM教官が担当だった
八の字、見極め、今回の急制動
M教官いいなー

あんたはオレのヒーローだよ

目の前で急制動での
ブレーキをかけ過ぎた時のタイヤのロック状態を見せてくれた
後輪の回転が完全に静止して、ブレーキ痕を残す

教官だけあってコケはしない

「ちょっとフラつきましたが、バランスを保ったので
転びはしませんが、非常に危険です」

後輪はあくまでツヨクかけていたが
さすがに前輪は軽めだったと思う、停止まで回っていたからね
前後輪がロックしたら、教官といえどさすがに転ぶ危険が高いのだろう

その後、急制動を何度か試す、
前回、勝手に40K/hをやったので、感覚は問題ない
手前20mくらいのところで45K/h出ていれば、突っ込んだ時には
40K/hでさらに、ブレーキの準備が出来ている
転ぶことも無く、なんとか成功

細かいカーブは苦手だけど・・・直線ダイスキ!

「大丈夫そうですね
では次は、ボクが前を走ります、急にブレーキを掛けるので
止まってください」

と、追突の模擬体験をした

実感したことは
車間距離を開けて事故は防げ
起こってからでは手遅れだ

1度目は案の定追突(実際に追突はしてないよ)
2度目以降は警戒しながら走ったので
もちろんぶつかりはしない
身構えていたからだ

これを公道で、60k/hで走りながら突然やられたらおしまいだろう

教官は同じ組なった他の方をみにいったので
一人で急制動

タイヤがロックする現象も体験
転びはしないが、キュッキュいいながらタイヤが止まる
5回か6回ほどやっただろうか
大体成功できたので、この調子で試験に臨みたい

帰りがけに、いつも通り教官が
「なにか質問はありますか?」
もう一人の方は、「坂みちのエンストって、あんなにやって大丈夫なんですか?」

ヨコのオレが言うのも何だが

大丈夫です、オレ10回以上エンストして
ようやく発進するくらい
失敗したから

オレからは
「スラロームが一度しかできなくって・・・・」というと
教官が教えてくれた
「実際、試験で落ちる方は
急制動で転んじゃうか、一本橋落ちる方が多いですね
スラロームはたまにいるくらいです」

へぇ!そうなんだ・・・
一本橋はなんか分かるが

まさか、急制動で落ちる人の方が多いとは意外だった

スラロームのタイムか、一本橋落下か
法規走行の違反が試験のポイントだとおもっていたので
急制動も気おつけないと、次はこけるかもしれんからな

一応この時間は

目立ったミスは無かった

なので、気分は上々

微熱続きなのはふっとんで
コレならいけるカモと、ちょっと調子が出てきたわけだ

が、

午後の教習で一気に
吹っ飛ぶわけですわ

ちなみに一緒の組の方は次は見極めらしい

大丈夫コケたって
成功さえすりゃナントカなるから!!

14時限目 交差点での事故のシミュレーション(第二段階5時限目)

午後、医者にいった
あまりにも熱が続くので、調べてもらったら
甲状腺の働きが原因かもとのこと
いつも、林先生に見てもらっているが、
林先生は面白い、色々教えてくれるし

そもそも、話しが脱線するので聞いていて飽きない

「昔はね、バイクって免許とるの簡単だったのヨ
大型とかの区分もなかったしネww」

と、バイクの話しにのってくる有様
ぶっちゃけ、微熱がどうとかじゃなくって脱線話が7割だったなw

「キミみたいな、腰悪い人はね
ああいう、前傾姿勢のバイクはだめヨ
腰に、こう・・・、負担かかるから、

”マウンテン”みたいなこう、
背筋が起きる方が、無難ネ

でもね、あの・・・
”マウンテン”はね~、ん~~っと・・・
出ている数すくなかったんじゃないかな?

圧倒的にこういう、前傾姿勢のバイクが多いのネ」

 

 

・・・・・

 

 

えっと。

タブンだけど、マウンテンって
アメリカンの事だよねw?
林先生ナイスボケw!

だから、林先生が好きなのだ
昔の教授や、同僚や教え子の名前がでてくるんだが
さっぱり分からないし・・・・
林先生の先生は、日本では呼吸器のドンと呼ばれる大御所のようだ
凄いな、先生

あんたはオレのヒーローだ!!

 

その後、教習へ・・・・

午後はT教官、一段階目6時限とおなじ教官
元気なオジサンなのでスキだなー

でもって、まずはシミュレーション

シミュレーションはキライ
バイクに乗っている気がしないから

視界も狭いし、バランスもわからないし

「いいですか、
甲州街道なんかみてても、車と車の車間距離より
バイクと車の車間距離の方が短いでしょ?」

「バイクと車どちらが、短く止まれますか?」

「くるま?ですか?」

「車の方がおもいよ?」

「えっと・・・バイク?」

「ww、
車の方が正解です、

バイクは、ブレーキ思いっきり、かけたら転びますから
先ほどいったように

バイクと車の車間距離の方が
距離を取った方が安全なんです

結局短い車間距離とってるのは
本人が
安全だと思っているからなんです」

この話しは前の時間で体験し納得している

車間距離は、長い方がいい

周りには、車間距離つめろ!っと
思われても、事故起こすよりマシ
事故起こすほうが
よっぽど迷惑だからね

そのことを教官は教えてくれた
そして、颯爽とバイクへ!

ウォームアップ走行もぶっちゃけ、ちょっととばし気味だった気がする
30k/h近くでカーブはいってたよ教官・・・・

その後、追い越しごっこをするんだが
見事に方向指示器を出し忘れるワ
カーブでムリに追い越すワ

教官から、ムリはいけないと教えられた

たぶん、おれバイクで公道はしっても
よっぽどの事がないかぎり、追い越し出来ないと思う

そのご、試験コースを走る
ここで事件が起きるわけだ

なぜかN教官の時にだけ限って
コースを間違える!!
そして、転ぶ!!!
ちなみに
コースを間違えたのは2回。。。
教官も笑う一方だ!!!

転んだときの原因は
S字でパイロンに軽く接触
あせって、ブレーキを掛けたつもりが
アクセルも一緒に回し、そのまま転倒

右脇につづき左脇腹も強打
やばい、両脇腹いてぇ・・・・

「どうした?」

「すいません、パイロンにあたって焦っちゃって」

「目線がパイロンにいっちゃったんだな
パイロンは動かないからな!
動いているのは自分ですから
でもね、1回目(の試験コース走行)は
コース間違えたけど、よかったじゃない
スラロームはね、イイリズムだったよ
タイム的にはギリギリだけどね」

あまりに無様なものなので
教官もフォローをいれてくれた

おれは

「いやー。。先生の時だけ、限って
間違えるんですよw」

というと

「またーーー!!
オレのせいにして!!!」

底抜けに元気!
だからN教官が好きだ

あんたはオレのヒーローだ!

「あのー、止まってる時に”次はこうだ”って
ゆっくり考えてからはしってくださいネ」

オレの弱点

パニくるとミスが連発するを
熟知しているようだった

自分でもわかっている
複数の事をやろうとして、ミスをする
段階をおって組み立てないと駄目な人間なのだ

それにしても

林先生といい、N教官といい
面白いオジサンが調布にいて安心した

オジサンは元気だ!

おれも”ああいう”元気なオジサンになりたいネ

明日は、いよいよ最終段階なんだが・・・・

それより
ハーレーの試乗会があるので
そのほうが楽しみだ

 

 

ココまでかかった費用は
前回までの143395円

ジュース代×4・・・600円

合計・・・143995円

どうでもいいけど
血液検査で5000円とられたw

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2 thoughts on “バイク免許欲しい! 8日目 あんたはオレのヒーローだ!