ファイル mzpをつかうぞ その3


http://www.sakaiden.com/?p=7942

さて、mzp.runなどは準備できたので
スクリプトのファイルコピー関連の事を少々

[as3]

–削除
files = getFiles “$max\scripts\SJTools\*.*”;
for i in files do deleteFile i;

–マクロ
deleteFile “$ui\ui\macroscripts\SJTools.mcr”;

–ファイルをコピーする
–スクリプト本体
dir = getDir #scripts
–ディレクトリを作る
makeDir (dir + “\SJTools”);
files = getFiles “$temp\SJTools_temp\Scripts\SJTools\*.*”;
for i in files do copyFile i (dir + “\SJTools\\” + (getFileNameFile i) + (getFileNameType i));

–アイコン、スクリプトをロード
colorman.reInitIcons();
macros.load(getDir #ui);

[/as3]

削除や、コピーはこんな感じ
*.* とワイルドカードで指定できるのは便利っていうか
当然か~

注意はコピー時はコピー先のディレクトリがないと
エラーが出るので注意が必要だよ、あたりまえだけど
そして、すでにファイルがある場合はコピーできないので
削除しておく必要があるよ

mzpのコマンドの
treeCopyなんかは、強制的に上書きされるみたい

ディレクトリの削除はちょっと変わっていて
通常の関数でディレクトリの削除はなくって
DOSCommandというDosで動かすみたい

なんでだろ・・・・

もちろんコピー後には
一度スクリプトをロードする必要があるから
macros.loadは重要

ミソはgetDirなどのディレクトリ取得関数
#uiなど色々ある

まぁ、#maxrootさえ知っていればOKかな~~

 

ということで
自前のツールをインストーラー化してみたので
ぜひどうぞ~~

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください