カメラに平面オブジェクトを貼り付ける 2


いぜん

http://www.sakaiden.com/?p=4196

で、カメラに平面オブジェクトを貼り付けてみた

 

Mayaでいういわゆるイメージプレーン(ImagePlane)ということなのだが
前回の方法は距離だったので
今回はスケールで試した

なので
方法は全く同じだぞ

設定すると

[as3]
local val = ( 1.0 / ( tan(cam.fov / 2.0 ) / ( 1 * 25.4) ) )*0.5;
–36.7082はただ都合の良かった数字
(1.0 / val) * 36.7082
[/as3]

コレがスクリプト
一番上の

( 1.0 / ( tan(cam.fov / 2.0 ) / ( 1 * 25.4) ) )*0.5;

は焦点距離の計算だ
式はもう少しスマートにできるとおもうけど

これはカメラとの距離なので
スケールに置き換える
その部分が

(1.0 / val) * 36.7082

だぞ
36.7082は適当な数字だ、
都合が良かっただけなので実際はいくつでも構わない

さて動かしてみた

こんな感じ

ほれ
視野角が変わっても大きさが変化してないので成功だ
若干動きがぎこちなかったので
綺麗なのは位置かも

注意点は
スケールの場合はカメラにたいして中央に配置する必要があるぞ
すこしずれた位置だと視野角が変化したさいにはみ出てしまう

百分率の計算のところ
もうすこし工夫すれば精度あがるんじゃないかな

れんずのゆがみとかは知らな~~~い

例によってサンプルを上げておくよー


ダウンロード:カメラに平面を貼り付ける 

うむ

久々に元気が出てきたぞ

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください