ヒザの痛みの原因判明


今まで走ってきて、必ず痛みがでるのが右ヒザの外側。
いわゆるランナーヒザ。

不思議なことに、左ヒザは今まで散々走ってきて一度も痛みが出たことがないのに右ヒザは時たま痛みがでる。

調子がいいときは全く痛くならないのに
酷いときは走り始めて1キロもたたずに痛み出す。
前の日に痛かったのに、次の日は痛みがでない場合。
速く走っても痛みがでず、逆に遅く走ると痛みが出たる場合。
出るタイミングがマチマチ。

なので、脚のアライメント(脚の軸のズレ具合)を確認してみた。
ってか最初からちゃんと確認しろよww

分かったことは、
左脚の軸はヒザから踵にかけて綺麗にまっすぐなのに対して
右脚は時たま、つま先が外を向いて着地する場合があるようで
そのときにヒザが内側に若干倒れこんで軸がゆがんでいた。
つま先が外を向いて着地することが、どうやら痛みがでる原因みたい。

痛みがでるタイミングがマチマチだったのは
つま先が外向きで着地している時としていない時の違いだと思う。

前に足バランスを測定してもらったところ、右足が若干X着気味だと診断された。たぶんコレもヒザの痛みに拍車をかけている。

対処としてはつま先を真っ直ぐに着く。
ヒザが内側に流れないようにする、という感じかな。
ただ長年のクセってのもあるから、なかなかすぐには直らないだろなぁ。

ヒザに痛みがでる人は一度アライメントを確かめたり
スポーツ専門医にクセをみてもらうといいかもしれない。

特にアライメントの確認は自分ひとりでも出来るので一度はやったほうがいいだろうな。
って、もっと速くやっておくべきだったなw

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください