走り方を考察するマン


速く走るってなんだろう?

と、色々と考察中。

色々考えてみると、やっぱりランニングは奥が深い

 

 

こんな記事も見つけた

この記事によると、インターバル走や レペティションなどの
負荷の高いトレーニングを行い乳酸性作業閾値を引き上げないと
たとえ月300キロ走っていたとしてもタイムの向上はしないんだそうだ。

まぁ当然といえば当然。
負荷の低いトレーニングばかりしていても速く走れるようにはならない。

とはいえ、まだまだ高負荷のトレーニングを沢山は出来ない。
まずは意識改革から。意識を変えれば体も変わるはず!

そういえば前にもフルマラソンを上手く走りきるには?なんて事を考えていたなぁ。
これからはIQランニングをテーマにトレーニングしてみよう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください