正五角形の証明なのかな


正五角形の証明だぞーーー!

あー

タブン以下の方法でいいんだとおもうけど

見事に違っている可能性もあるぞー

あっはっはっは

手順としては、背徳法に近いかも

(卵が先か、鶏が先かっていう矛盾は無視、3角形の定理があれば証明可能)

※画像は添付画像を参照の事

1.もし、図形が正五角形ならば、5つの内角は全て同じ値である
五角形は3つの3角形の重なりで作られているから、180×3で
内角の総和は540である

2.つまり、一つの角度は108度のはずで、全ての辺の長さは一定である(正五角形の宣言部分)

3.図より、角A と A’ はおなじ角度で、2等辺三角形のうち一つは108度である

4.3より、残る角は2等辺三角形の定理より、36度と分かる

5.五角形の辺の長さは2より、一定のはずであるので
“(黒文字) と ”(青文字) は同じ長さであることから
三角形、赤、緑、黄 の重なる角Bは36×3=108である

6.これは2で宣言した正五角形となんら矛盾は無い
よって、問題の図形は正五角形であると証明できる

って、こういうことじゃねぇ???

違うかな

いやーなんか脳みそ使った感じでいいね

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください