今日のバイク 出雲ツアー!13日目神話 1



御存じだろうか
神話では
こう語られている

かつて
出雲の地方を納めていた神がいた
名を大国主大神
(オオクニノヌシオオカミ)
という

天井を総べる神である天照大御神(アマテラスオオミカミ)は
我が子が統治すべきだとお考えであった

そこで
アマノホヒ(天穂日命)を遣わすが、オオクニノヌシを敬い
そのままオオクニノヌシの家来となってしまう
新たにアメノワカヒコ(天若日子)を遣わすが
オオクニノヌシの娘と恋に落ちてしまった・・・

アマテラスは
力自慢のタケミカヅチと、瞬足のアメノトリフネを遣わし
武力で解決しようとした

神々は稲佐の浜で対決をする
まずはコトシロヌシが
あっさり国を譲ってしまった

そこへ怪力のタテミナカタが帰ってきた
タケミナカタは「力比べよしよう!」というと
タケミカヅチと腕組みを試みた!

が!、タケミカヅチの腕は氷の刃に!
タテミナカタ驚いていると!
タケミカヅチは彼を軽く投げ飛ばしてしまいました

そして、とうとう信濃の国、
諏訪の地域まで追い詰め

タケミナカタは
「私はもはやここから出る事はない!
出雲の国は譲る、だから助けててくれ!」
と命乞いをしました

タケミカヅチが出雲に帰りそのことを伝えると、
オオクニヌシは「この出雲を譲ります、が、
そのかわり、高天原の大御神様の御殿のような
神殿を建てていただきたい!」と

タケミカヅチは願いを聞き、
オオクニヌシのために大きな神殿を建てました

それが今の出雲の
社寺と言われている

もちろん
お分かりの通り

諏訪の大社は神々が鎮座する
出雲の社寺の一端なのだ

島根の出雲から諏訪大社まで
長い長い旅であった

神話の世界を旅し
現実を旅し
そして帰る

これこそ今回の旅のテーマだった
テーマにふさわしい最後を迎えた

今まで実感しなかった
山々は神だ

その意味が分かった気がする・・・

本当に長い旅路
最後に出会ったのは
思いのほか、素朴な神社だった

そのしめ縄をみて
ムネキュンでんきるのは俺だけだろう

これで

全国に数多とある
諏訪神社、お伊勢様、稲荷様、出雲!
総べて本社を巡ったことになる!!

コンプリート!!

なぜ

最終日まで出雲ツアーの名だったか
これでやっとわかってもらえる!!

そう!最後の諏訪大社までが!
出雲ツアーだったのだ!!

 

正直東京に帰ってきても
まだ夢のような気がする
明日にはまたべつ場所にいそうな
そんな気分だ

今回訪れた地に
また訪れるとしよう
こんどはもっと
期待に胸を膨らませて・・・

今回のツーリングは!

49274から走り始めて
52053キロ

2779キロ走り切った

現在8316キロ/10000キロ

念願の10000突破!
行けるのか!ダメなのか!!

あと一か月半!!
冬のライディングで勝負をつけようぜ!!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “今日のバイク 出雲ツアー!13日目神話