MGCのコースを実際走ってみた! 3


マラソングランドチャンピオンシップまで残り1か月を切り、
ファイナリストの選手たちは今頃、最後の追い込みをやっているだろうか?

少し前、グーグルマップにMGC兼東京オリンピックマラソンコースを起こしてみたんだけれど、先週・・・

実際にMGCコースを走ってみた。

レッツ一人MGC!

Relive ‘一人MGCフルマラソン’

タイムは6:08:26

午後2時から初めて夜の8時過ぎにようやくフィニッシュしたw

結局、途中でコースをそれたり間違ったりしたので2キロほどオーバー。
※グーグルマップのコースが間違っていた部分は修正しておきました。

途中信号待ちで止められまくって全然進まないの。
銀座なんか1キロ通過するのに10分近くかかったよ。

MGCのコースを走った感想

  • 全体的にフラットで走りやすい
  • コーナー(曲がり角)が多い印象
  • 中盤はランドマークがあるので目標にしやすい
  • ビルの合間なのでビル影を日除けに出来るかも
  • ラストの登坂は冗長的ではないので、しっかり踏ん張れば思ったほど速度は落ちない

ザックリこんな感じ。

折り返しが3度あるが、ここすごく大きなポイントだと思った。
もしトップ集団から遅れた場合、折り返しでトップと自分の差がわかる。
すごく離されてしまうと精神的にキツイ。
MGCは暑さとの戦いになるだろうから、暑い中でペースを持ち上げてトップに追いつくのはまず無理だと思う。
個人的には、最後までトップ集団に居続けた選手が勝つのでは?と予想。
いったんトップ集団から落ちた選手はそのまま上がってくることは無いと思う。
暑さの中でアジア大会を制した井上選手に理があるかも。

最後、38キロ付近から坂が始まるのだけれど、
実際に走ってみると、物凄くキツイっていうほどの坂ではないと感じた。
それに3キロ程度で坂は終わるので、しっかり踏ん張ればペースがガクンと落ちることはないと思う。
ラスト1キロ手前、神宮外苑入り口のカーブ。
100メートルくらいの急坂と、120メートルくらいの緩い坂がある。
もしトップ選手がデッドヒートする展開になれば、ここでドラマが生まれるかもしれない。

全体的なレース予想は、お互いがお互いをペーサーに使うようにけん制しあい、それが中盤まで続いたあと、
25キロ付近でトップ集団が絞られ、35キロの坂の手前から誰かが仕掛けるベタな展開になるんじゃないかなぁ。
中盤辺りで思い切って誰かが仕掛けても終盤で落ちる気がする。
半分は心理戦、半分は暑さ我慢。
最終タイムは 2時間14分台のフィニッシュと見た!!

一つ、面白かったのは銀座。
大きな商業ビルの一階の店舗からあふれてくるエアコンで冷やされた空気。
それが通りの真ん中あたりまで吹いていて実に涼しかった。
大会本番でも選手のリフレッシュに使えるんじゃないかと思ったくらい。

他に、もしかするとビルの影が日よけに使えるんじゃないかと思った。
MGCは朝8時50分。オリンピック本番は6時スタート。
浅草寺からの南下する江戸通り。銀座周辺。
この辺りは太陽の角度によってはビルの影が道まで伸びそうなので、
この区間はビルの陰で暑さを回避することができる”かも”しれない。
実際に検証していないので何とも分からないけど。

応援ポイントで最も多く選手を見ることができそうなのは、
神保町の交差点と八重洲の交差点。選手が3度通過するので応援には持って来いかも?
でもやっぱり最後フィニッシュするところが一番見たいから、陣取るならフィニッシュ地点かな。

果たしてMGCを制するのは誰か?
MGCは来月9/15(日)朝8時50分号砲だ!



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

3 thoughts on “MGCのコースを実際走ってみた!