富士登山競争山頂コースに黄信号?


富士登山競争は大会スケジュールが前日受付のみと少々悩ましいのだが・・・。

そこに加えて

悩みの種もう一つ増えた。

去年の豪雨災害により、頂上一歩手前、
「あの狛犬付近」が土砂崩れで道がふさがってしまった。

ここは富士登山競争のゴール目の前。
ここが崩れてしまっては今年は山頂コースが中止になるかもしれない。
大会側も前もって「山頂コースは開催できるか微妙な状況」と前もって断ったうえで募集を開始している。

ニュースによると現在はまだ工法や工期を検討している段階だとか。
ということは、来月から何かしらか作業があったとしても、
大会までの1か月程度で開通するのは難しいかもしれない。

一般の道路ならば1か月もあればと思うかもしれないが何せ場所が場所。
標高は3700メートル。
重機を入れようにもそうそう簡単に運び込める場所ではない。

となると、

今年の富士登山競争、山頂コース開催は危ういかも??

※山頂コースが開催できない場合は五合目コースに変更される。

須走、吉田ルートの山頂付近の詳しい復旧の状況はこちらから。

ちなみに、富士山には「ブル道」なるブルドーザーが荷物を運搬するための道がある。
富士登山に行ったことがある人なら見たことがあるかもしれない。

ただ、この道も標高3400メートルまでだそうなので、
やはり頂上付近に大量の重機を投入というわけにはいかない。

頂上付近は人力を駆使して修繕するしかないのだろうか?
工事内容も「ちょっと岩をどければ」程度ではなく、
「しっかり補強し、崩れることがないように」といったような内容にするのだと思う。

と、考えるとより一層工期が長くなる予感。
もしかすると今シーズンは須走、吉田口コースからの富士山の登頂は絶望的かも?

今後、工事が何とか富士登山競争に間に合うように祈りたい。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください