不思議な感覚


昨日のトレーニングで不思議な感覚が生まれた。

「速く走っていたほうが楽」

あれは何だったんだろう?
あとあと記録を振り返ってみると・・・。

キロペース3:37。ピッチが203。
普段はこんなに速くはしらないし、この速さで走っても維持できない。
しかも心拍が妙に低い。たしかにこの直前に信号待ちで立ち止まってはいたけど。 体の力みも無くて、自然に体が速くなっていったって感じ。
不思議だなぁ~。

逆に、信号待ちで立ち止まり、呼吸が落ち着いてから再開した直後、速さがキロペース4:40くらいに戻るまでが一番きつかった。
たぶん巡航速度に戻すために体が力むからなんだと思う。

コース自体も若干坂だけど、曲がったあとは殆どフラット。
まぁ坂であっても自分はキロペース3:37まで上がらない。

なんだったんだろう?
単にセカンドウィンドウが起きていただけ?なのかな。
もしくはアドレナリン?

大会などでキロ3:30程度のペースで走れたら・・・。
サブ3どころか、サブ2.5も見えてくる。

はぁ、ゆめだなぁ~~~。
そんな速度で一度はレースしてみたい。

来週末はフロストバイトハーフマラソン

あの不思議な感覚がまた生まれれば、もしかしたらスゴイ自己新がでるかも!?


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください