箱根駅伝の優勝予想! 2


そろい踏み!
箱根駅伝、全大学のエントリーリストが遂に上がった!

全大学でエントリーされた全選手の5000M、10000M、ハーフのベストタイムが掲載されている。

そこで・・・

ちょっと大学同士の比較をしてみた!

ベースにしたのは各大学の全選手のハーフのトータルのベストタイムとその平均(相加)。
ハーフの記録がない選手は、その大学の平均タイムが崩れないように平均タイムをそのまま適応した。

すると、面白いことが分かってきた。
世間的には優勝候補は、出雲、伊勢と制しV5を目指す青学かと思うが
記録的には決して青学だけが優勝候補と限らないことが分かった。

以下はその結果

内容は、<大学名> <選手ベストのトータルタイム> <チームハーフ平均タイム>

東海大学 <16:50:08> <1:03:08>
駒澤大学 <16:52:46> <1:03:18>
帝京大学 <16:58:06> <1:03:38>
青学 <17:02:41> <1:03:55>
明治大学 <17:03:28> <1:03:58>
城西大学 <17:06:05> <1:04:08>
早稲田大学 <17:08:05> <1:04:15>
東洋大学 <17:08:09> <1:04:16>
國學院大學 <17:08:13> <1:04:16>
拓殖大学 <17:08:14> <1:04:16>
日本体育大学 <17:08:29> <1:04:17>
神奈川大学 <17:08:31> <1:04:17>
関東学生連合チーム <17:11:26> <1:04:28>
順天堂大学 <17:12:25>> <1:04:32>
山梨学院大学 <17:14:07> <1:04:38>
大東文化大学 <17:14:11> <1:04:38>
中央大学 <17:16:24> <1:04:47>
東京国際大学 <17:16:47> <1:04:48>
中央学院大学 <17:20:00> <1:05:00>
国士舘大学 <17:20:45> <1:05:03>
法政大学 <17:22:26> <1:05:09>
上武大学 <17:22:35> <1:05:10>
日本大学 <17:48:45> <1:06:48>

ナカナカ面白い結果がでた!

トータルタイムで最速は東海大学、ついで駒沢、帝京と続く。
王者青学は4番手。
東海と青学の差は12分。
もちろん、あくまでベストタイムを集計しただけの結果で
しかも補欠選手のベストタイムも含めているので何の根拠にもならないが、
単純にタイムだけで考えるとタレントが一番そろっているのは東海という事になる。

意外な優勝候補は帝京大学。

この11月に行われた全日本駅伝では途中3位に浮上する活躍をみせ最終的には5位。もしかしたら青学、東洋、東海の三強の一角を崩せるかもしれない。

ではズバリ優勝予想は!?

それはモチロン!

今回の優勝は東海大学と予想します!

単純にチームの平均タイムが早い事が根拠。

かつ、青学へのプレッシャーもある。ここが意外に大きいんじゃないかと思う。
V5のプレッシャーのかかる青学は、メディアからの取材、ファンからの期待も大きいだろう。ここまで4連覇となればソレは今までの比ではない。
負けられないプレッシャーが多い。

それに対して東海大は、全日本の雪辱もある。
だからこそ東海の選手はこの箱根で勝ちたいはずだ!

さて!勝つのはどのチームか!?
ますます箱根が面白くなってきた!

箱根駅伝まであと14日!!

さてさて、どこが往路を?
どこが総合優勝を?

俄然盛り上がってきたぜ!!



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

2 thoughts on “箱根駅伝の優勝予想!