何をどうすれば良いのか分からない


調子がいい日。
調子が悪い日。
何が違うんだろうなぁ・・・

普段どおりであっても、この差。
前日に何かあったわけでもなく、
メンタルが崩れているわけでもなく、
いやむしろメンタルはやる気満々だったのにこのザマ。

分からんモンです。

 

最近スポーツナビさんのこんな記事を目にした。
あの神野選手の東京マラソンルポ。

神野大地が泣き崩れるに至った、

なぜ神野大地の「おなか」は痛くなるのか。

神野選手でも原因不明の差込で調子が悪いときがある。
たしか原監督も、「神野君は差込がある。それが出なければいいが・・・」
なんてコメントも残していた。
いや、差込(腹痛)があったにせよ、
2時間10分台とか俺ら素人からしたら十分超人レベルですよ。
まだまだマラソンデビューしたてなんだから
ここから成長したらどんな怪物ランナーになるかわからん。
本当にすごい人だ。

 

 

ランナーには人それぞれ多かれ少なかれ何か問題を抱えている。
癖だったり、古傷だったり。
その悩みをそれぞれ克服する努力をしている。
どんなトレーニングにすればいいのか?
どうすれば調子よく走れるのか?
やり方は?リカバリー方法は?食べ物は?
服装は?体重は?
一度、これだ!と思った正解も、練習を積むにつれて変わっていったり、
前は間違いだと思っていたことが本当は効果があったり。

十人十色、千変万化、人それぞれに答えがある。
正解を導きだすためにひたすら練習したり、あるいはしなかったり。

何をどうすれば良いのか分からない
だからマラソンは楽しいのかも知れない。

数学者ルイ・ドブランジュ教授の言葉、

「人生は難しい、何かしたいと思ってもすぐには出来ない
時には間違った道を選んでしまう事もある
しかし、そういった形でしか目標は達せられないのです」

まだまだこれからですよ!

 

来週はいよいよ今シーズン初のウルトラ。

富士五湖ウルトラマラソンまで
残り10日。

本番では失敗できない。
絶対に完走するぞ!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください