ヘッドライト何がええんやろ


 

って事で早速コレぽちった。

 

電池式と18650バッテリー式の二つ。

トレラン大会とかグレートレース系だと
2つ所持していることが条件になるので2つ買いつつ、
能力の違う二つを選んでみた。

果たして能力はどうなんだろう?

18650は電圧が3.7vと通常の乾電池よりも高圧で
高輝度が期待できる。

100~150ルーメンスはキャンプ程度であれば十分。
むしろそれ以上は明るすぎてうっとうしいくらい。
ただ山の中では100~150ルーメンスだとちょっと力不足。
実際に高尾山中を夜中に走ったが、
目の前1~3メートルちょっと見えるくらいで結構不安になる。

充電式の欠点は持続時間が短いこと。
実稼動は3~7時間程度の商品が多いみたい。
電池式は交換と電池の入手が簡単なところがいい。
それに、充電式の電池を使えば環境にもグッド。

とりあえず、ライトが届いたら双方で能力を確認してみよう。

足りないトレラン装備

ひとまず、ライトは確保した。
お次は、熊鈴、ソフトフラスク、レインジャケットなどなど
まだまだ用意が必要だね!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です