JScript 外部JSを読み込んで関数を使う


JScitrptってやっぱ便利だよね

気軽だし。
つーかJavaScriptだしw

という事で、

外部JSファイルを読み込み、そこにある関数を使うやつのメモ

まず、こんな感じに適当な関数を作って
別々のファイルに保存しておいて・・・

 

以下のようなコードで外部ファイルを読み込んで実行する。

 

 

味噌はここ。

 

evalは文字をコードとして処理する関数。

例えば、eval(“5 + 10”); と書くと、文字列だけど計算をしてくれる。
文字列をコードとして評価するので、
外部のJSファイルを丸っと読み込んでしまい。
まるっとevalすれば関数もそのまま関数として丸っととり込んでくれる。

 

 

実際に実行すると・・・

うむ。
ちゃんと動いてるっぽい。

 

こうすれば長ったらしい関数の塊を
個別に切り分けられて便利ってわけさ。
夢は広がるばかりだね!

 

という事で今日のメモでした。

 

GitHubにも挙げておいたので
欲しけりゃとってけ!

 

外部Jsを読み込んで使うテスト

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください