IK関連 エフェクタをとっつかまえる


ああーー!!!

イライラする!!
いやーーー、IKめーーー
悩ませてくれるぜ~~~・・・・。

ひとまず、 選択したモノのなかに
IKコントロールが適応されているオブジェクトがあったら
IKエフェクターをとっつかまえるものをどうぞ・・・。

んーまぁ、とにかく、エフェクタをとっつかまえるのだよ。

方法としては、従属確認をつかって確認する。

/*IKのエフェクタをとっつかまえる*/
dependObj = #();
selObj = #();
for i in selection do
(
/*まず従属オブジェクトを確保*/
dependObj = refs.dependents i;
/*さらに従属オブジェクトの中からIKのエフェクタのみを選択*/
for k in dependObj do
(
if ((classOf k)==IK_Chain_Object) then append selObj k;
);–if end
);–for end
/*最後にまとめて選択し直す*/
clearSelection();
select selObj;

こんなかんじかな。

HDIKは、そもそもエフェクタってものが無いので無視。
スプラインとHDIKとLimbIK周りってかんじ。

あーーー、悩まされるわーーーー
もーーーーーー。

■■ダウンロード■■
IKのエフェクタをとっつかまえるヤツ

ただし、第一関節と、最後の間接でしかつかまえられない・・・・

あーーーーーー、いらつく!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください