箱根駅伝決着!青学グランドスラム達成!!


10月の出雲から始まった大学駅伝グランドスラムに
ついに決着がついた!!

何と何と
青山学園が三大会全てを制覇!

グランドスラム達成である!!

原監督は試合前に語っていた

「今年(箱根で)勝利出来れば、
青学の時代が来たということでしょう」

その言葉通りに、今後数年青学は箱根を席巻しそうな予感だ。

一体、この強者青学を
どこが倒すのだろうか??

これから、青学の首をだれもが狙う。

 

個人的に今年気になったのは記録。

ここ数年は、往復記録11時間を切る事が
当たり前になっていた。

特に青学が初優勝した2年前の記録は
あの東洋の10.51.36を破り、
10:49:27秒という前人未踏の記録をたたき出した。
翌年の箱根でも10:53:25と高速レースっぷりを見せつけてくれた。

ただ、今年の記録は11:04:10と
11時間を切れていない。

去年との記録差は実に10分弱。
距離にすれば、おおよそ3.5キロ、去年の記録から離されている。
悪天候で記録が伸びなかった、というわけでもなさそうだ。

これは選手層が
変わった事が原因だろうか?

とはいえ、2位の東洋との差は7:21と圧倒している。
大会全体的に記録が振るわなかった傾向にあるようだ。

「総合時間が早い」だけが駅伝じゃないのはもちろんだが、
11時間を切れなかったのは気になるところ。
もしかしたら、わずかな綻びが出てきているのかも・・・。

 

 

過去の優勝校を振り返ってみると。
箱根駅伝で特定の大学が台頭するば、
その大学が数年間勝ち続ける傾向にあるようだ。

昭和50年、第51回大会以降の優勝校をまとめると・・・

大学名
青山学院大学 平成29年
青山学院大学 平成28年
青山学院大学 平成27年
東洋大学 平成26年
日本体育大学 平成25年
東洋大学 平成24年
早稲田大学 平成23年
東洋大学 平成22年
東洋大学 平成21年
駒澤大学 平成20年
順天堂大学 平成19年
亜細亜大学 平成18年
駒澤大学 平成17年
駒澤大学 平成16年
駒澤大学 平成15年
駒澤大学 平成14年
順天堂大学 平成13年
駒澤大学 平成12年
順天堂大学 平成11年
神奈川大学 平成10年
神奈川大学 平成9年
中央大学 平成8年
山梨学院大学 平成7年
山梨学院大学 平成6年
早稲田大学 平成5年
山梨学院大学 平成4年
大東文化大学 平成3年
大東文化大学 平成2年
順天堂大学 昭和64年
順天堂大学 昭和63年
順天堂大学 昭和62年
順天堂大学 昭和61年
早稲田大学 昭和60年
早稲田大学 昭和59年
日本体育大学 昭和58年
順天堂大学 昭和57年
順天堂大学 昭和56年
日本体育大学 昭和55年
順天堂大学 昭和54年
日本体育大学 昭和53年
日本体育大学 昭和52年
大東文化大学 昭和51年
大東文化大学 昭和50年

おおよそ平均すると
4年程度優勝年を重ねるた後姿を消す。

この傾向からすると、

あと2、3年は青学の
時代が続くと思われる。

その後はまた新たな強豪校が合わられるのかもしれない。

この傾向が現れる原因はなんだろう?
もしかしたら、高校駅伝などで活躍した選手が
こぞって強豪校に入ってくるから?なのかも、と素人予想。
他には、監督交代などもあるだろな。

そして一度時代が終わると、
その後再び時代が来ることがない様にも見える。

これは優勝世代が卒業すると
途端に勝てなくなる。

と、いう事なのだろか?

 

とにもかくにも、
今後の大学駅伝どうなっていくのか?
俄然楽しみになってきた。

 

 

ちなみに、
個人的に今年の箱根は、

出雲、伊勢と成績の良かった、
東洋、山梨、早稲田が青学を倒す筆頭と予想していた。

結果的にはおおよそ予想どおり、
東洋と早稲田が青学を追う展開になった。

が、山梨が全く振るわなかった。
それどころか、9区で無念の繰り上げスタート。

結果は17位。

どうした!?山梨!

どうやらニュース記事を追ってみると
一区佐藤選手が体調不良で伊藤選手と交代。
二区のニャイロ選手もくるぶしのケガで不調。

この一区、二区での出鼻をくじかれ、
全体的に振るわなかった様だ。

往路での記録は5:41:56
復路は5:47:21

トップとの差はそれぞれ、8:11と16:56。
出雲、伊勢であれだけ競った強豪校とは思えないほど
記録も伸び悩んだようだ。

やはり駅伝は何があるか分からない。

山梨学院は実力ある選手がそろっている。
必ずや今年の駅伝で、青学の首をとってくれると願っている。

 

さて、箱根は終わったが
マラソンシーズンは今が最高潮。
1月2月と大型大会が目白押し!

これからの数か月
マラソン大会の見物が楽しみだ!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です