ヒープに関するヤツ 1


animate on とかで
大量にアニメーションキーを生成する際に
メッセージでMXS gcと出る事があるが
どうもガベージコレクションが動いているようで
簡単にまとめると、メモリ不足になっているようなのだ

んー、まぁ

なんかゴチャゴチャ色々足りないってこと事ね

あっはっはっは

gcが動いているってことは、それだけ要領不足に陥っている
処理速度が低下して
100オブジェクト分5000フレームのトランスフォームアニメーション作成に
1時間20分(CPU core2Duo の1.8Ghzでメモリ3G)

そこで、メモリ領域を確保して処理速度を上げられないか試してみた
ヒープサイズを大きくするには

heapSize += 1000000

と簡単に増やせる
試しに、限度ギリギリまで増やして同じ処理を実行してみた
すると、処理時間は5分に縮まった

効果はいいがその後
gc実行でシャットダウンを食らうなど
色々と”事故”が起きる

背に腹変えられなくなるままではこの
”ヒープサイズを限界まで”ってのはやめておこう

ある程度の確保なら
まぁ自由奔放にやってよし


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “ヒープに関するヤツ