UI関連 imgTagを使ったボタン


通常では、buttonやlistBoxなどなどを使って
UIを作るが

その中にimgTag、なんていう方法もある
無限の可能性を秘めている!かもしれない

そのごく一部はたとえばコレ

rollout myRollout “Test”
(
local empty_bitmap = (bitmap 1 1 color:(color 180 180 180))
 imgtag myBitmap “Bitmap” pos:[0,0] width:120 height:120 bitmap:empty_bitmap
)

で、こちらがイベント

on myBitmap mouseover do
(
print “True!”
)

上記は、マウスカーソルが上に乗ったときのイベントハンドラ

イベントにはFlashのアクションスクリプトの
おなじみのモノがある 

ほかは、ダブルクリック、クリック、クリックが解放された、クリックされた、カーソルが領域外にでた
などなど、アクションスクリプト好きには、慣れたプロパティですなぁ

かなり、めんどくさいけど、mouseover、mouseout、などを駆使して
オリジナルの面白いボタンも作れる
UIにこだわりたい人は涙ものに違いない
かなり個性的なUIが作れる

でも実際は、こんな面倒なことしない・・・

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください