調布の陥没事故の続報 1


先月起きた調布市の陥没事故。
あれからNEXCOの空洞調査などが行われた結果、

新たに空洞が見つかった模様

空洞が発見された場所の詳細はこちら。

前回の事故現場からは北にほんの10メートルほどの地点。
上空から見ると空き地になっているみたいだけれど。
(前回の事故現場は〒182-0005 東京都調布市東つつじケ丘2丁目23-26)

ただちに崩落するなどの危険はないらしいが、
現状だと、この空洞は埋めた方が良いとの判断みたいだ。
今日(11/5)の10時から有識者会議が開かれて議論される。
会議後には多分記者会見もあるのかな?

少し気になるのは、このような空洞が他にもあるのか?
この空洞は工事前の調査などで分からなかったんだろうか?
もっと気になるのは、この空洞の原因が元からあったものなのか?
工事などが原因で発生したものなのか?

原因次第では工事が数カ月くらいは止まりそうだな~。
とにかく事故がない事だけ祈ろう。



Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “調布の陥没事故の続報