ifの条件を複数にする


さて、よくよくスクリプトでは登場するif文

さすがに、素人じゃあるまいし
if文くらい使えますよ

では、if文の条件を増やすにはどうするかってーと

ifにifを重ねていってもいいんだけど
これじゃ際限がないし、実用的じゃない
1度の比較でいくつかの条件を満たすようにしたいわけだ

[as3]

var a:Number = 10;
var b:Number = 20;
var c:Number = 8;

if (a>1,b>10,c>5) {
trace(“OK”);
}//if end

[/as3]

こんな感じで , (コンマ) で区切って条件を書けばよいのだ
上記では

数値が、aとbとcそれぞれの条件を満たしていなければ
評価されないようになるのだ~

いや。。。それだけなんだけどね・・・

ASではいくつか条件を持つことができるが
maxスクリプトではandを書いてゆく

[as3]

a = 10;
b = 20;
c = 8;

if (a > 10) and (b > 10) and (c > 5) then
(

print(“OK”);

);–if end

[/as3]

ちなみに、andがあるってことは・・・
そうです

or があるってことです

[as3]

a=10
b=20
c=8

if (a>5) or (b>10) or (c > 5)then(
print(“OK!!”)
);–if end

[/as3]

orとandは条件によって使い分けたり
もしくは、混同することもできる

if (a>5) or (b>10) and (c > 5)

こんな感じで

アクションスクリプトで
orにあたるものはよくわからなかった
あるのかな?
まぁ、maxよりも、ステートメントが多かったから
他の比較方法か分岐方法で出来るだろうし、
そもそも条件付けの方法を変えてやれば
いっくらでも同じことはできるんだな

まぁ、復習ってことで

今日はこのくらいにしておこう

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください