訓 水五訓



一、自ら活動して
他を動かしむるは水なり

一、常に己の進路を
求めてやまざるは水なり

一、障害に遇いて
激しくその努力を
百倍にしうるは水なり

一、自ら潔くして
他の汚れを洗い
清濁併せ容るうの
量あるは水なり

一、洋々として
大海を充たし
発しては蒸気となり
雲となり 雪と変じ
霞と化し凝っては
玲瓏なる鏡となり
しかもその性を
失わざるは水なり

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください