Ryzen3950Xが1カ月半で壊れました


それは突然でした。

いつも通りパソコンを使っていたら

突然画面が静止。

「なんだ??」と思っていたら、デバイスに問題が発生・・・という画面切り替わり、
そこからマシンは自動再起動とデバイスエラーの画面を繰り返しまともにWindowsが起動しない。

一度、BIOSを開いてみたが、

この時BIOSまでは正常に入れた

ので、「何かアプリが悪さしたかな?」程度に思っていた。

その後、

電源を入れてもBIOSすら立ち上がらなくなった。

マザーボート上のチェックLEDを見てみると、

CPU認識エラーで止まっていた。

つまり、Ryzenが死んだ?

HDD、SSD、メモリ、グラボなどを取り外し、最低構成にした上で今一度試した。
一度だけVGAチェックまでは通ったものの、その後は再びCPUエラーで停止。
メモリーを他のものに差し替えても動作はしない。

翌日、今一度試してみたが症状は変わらず。
やはり壊れてしまったのか??
土曜は外に出ずっぱりで、日曜は疲れで一日寝ていたため、月曜になりCPUを別途準備。
改めて、CPUが原因で起動しないのかをチェックすることに。

地元のビックカメラでRyzen3 3100を購入。
テストをしてみると・・・。

無事に起動。

これで原因がはっきりした。
やはりCPUの不具合が原因で起動すらしなかった模様。

去年の年末に購入して、

たった約1カ月半でRyzen9 3950Xが壊れた。

今まで、自作PCを作ってきて、色々と経験はしたが、
正常に動作していたCPUが突然壊れたのは初経験。

CPUが壊れるってかなりレアなケースな気が・・・。

ひとまず原因もわかりRyzen3 3100で仮復旧したので今は一安心。
あとはメーカーに問い合わせて壊れたRyzenを交換してくれるか問い合わせてみる。
やはり、自作PCは安定運用を確実に確かめるには半年は使わないと分からないもんだな。

さて、メーカーはCPUの交換に応えてくれるか?こうご期待!

一応3年保証だから交換してくれるとは思うんだけどなぁ~。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください