中止になった大会の今後の対応は?


2月から始まった大会中止の嵐、
当初はメディアでも取り上げられて、大会中止の対応や
その事情などがSNSなどでも話題に上がっていた。

3月以降は、コロナ感染の影響が大きくなり軒並み大会は中止。
4月以降は、夏以降の大会も中止が決まり、現状11月の大会も揺らいでいる。
各大会の対応はそれぞれの大会の状況や方針で変わっていて、
一部返金の大会もあれば、来年度参加料減額などなど。

ごく一部だけれど、自分の参加予定だった大会の方針をチョコっとまとめてみた。

中止になった大会の今後の対応は?

2月のいわきサンシャインマラソン

  • 返金なし
  • グッズ等は事前発送済み
  • メダル持ち越し
  • 来年度参加料2000円割引

3月の東京マラソン

  • 返金なし
  • ナンバーカード、タオル等グッズ後日発送(すでに発送済み)
  • 優先エントリー権のスライド

4月の中期の長野マラソン

  • 返金なし
  • ナンバーカード、Tシャツ、タオル等グッズ後日発送()
  • 来年度参加料3000円割引(割引率約25%)
  • 優先エントリー権

4月の後期のUTMF

  • 10000円の返金(返金率約27%)
  • グッズ等後日発送
  • バーチャルUTMF大会開催(6月以降)
  • 優先エントリー権
  • エントリー資格スライド

6月の飛騨高山ウルトラマラソン

  • 返金なし
  • グッズ等後日発送
  • 来年度参加料8000円割引(割引率約42%)

7月の富士登山競走

  • 返金あり、返金額未定
  • グッズ等不明

といった感じ。

返金対応してくれるUTMFと富士登山競走にはちょっと感謝!
他の大会も、個人的には精一杯の対応をしてくれていると思う。
特に飛騨高山マラソンの対応は、来年度参加料が42%オフという振る舞い。

42%減ってかなりスゴイですよ!
ほぼ半額だからな~。

UTMFや東京マラソンは優先エントリー権、

エントリー資格をスライドしてくれるってのも
すごくありがたい。

特に東京マラソンは倍率が高いのでこの対応が一番うれしいかも。

他の大会では、返金方法をクオカードにしたり、
ランネットのポイントに還元したりと、
走れなかったランナーへできるだけ対応をしてくれている。

ランナーよりも、大会関係者の方がよっぽど辛かったろうに、
いろいろ対応してくれて本当にありがたい。
自分の好きな大会はより一層愛着が強くなったかもな~。

来年こそは何とか無事に開催してほしい!

はやく終息しろよー!コロナウィルスどもめーー!!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください