ボタンを作りまくる 3


ハラ減った!!

よし、

AS2からAS3へ着替えて、
イロイロと、覚えている最中だけども

ひとまず、

まともにボタンも作れねぇ!

ホント、なさけない。。。。
トホホホ

ということで、今更ボタンを作りまくる
ボタンを作りまくるぞーーージョジョー!!!

まずは、ネットでAS3でボタンを作る記事を載せていたサイト様

参考にさせていただきました
ありがとうございます。

●ボタンを作る
http://ameblo.jp/linking/entry-10054329873.html
http://oneday.ter.jp/actionscript3/201.html

●クラスを作成する
http://www.adobe.com/jp/devnet/flash/quickstart/creating_class_as3/
http://micekflicek.blog.eonet.jp/default/2008/02/as3as-4306.html

●ボタンをクラス化(主にこちらのソースをパクり参考にしました)
http://quality.ekndesign.com/archives/2006/08/flashas3moviecl.html

いやーー、ありがたい
まずAS2では、onClipEvent (enterFrame) だったものは何に変わっているかというと

addEventListener(Event.ENTER_FRAME,moveBox);

こんな感じ

addEventListener(イベントのタイプ、関数、キャンセル設定);

ということで、
上の場合、毎フレーム(ENTER_FRAME)、moveBox関数を実行、と言う意味になる。

ほかのイベントなどは以下に載っている
http://livedocs.adobe.com/flash/9.0_jp/
ActionScriptLangRefV3/flash/events/Event.html

リファレンスがもうちょっとわかりやすかったらいいのになぁ・・・

ほいでもって、
このaddEventListenerには、マウスイベントも用意されている
つまり、ムービークリップの上にマウスが来たり、クリックされたりしたときのイベントを
つくことができる
それがこれ

addEventListener(MouseEvent.CLICK,pressedDo);

この場合は、クリックされたときに、pressedDoという関数を実行する。
ひとまず、この材料でつくったのが下のサンプル

ふぅー、ひとまず動いたな
そしたら、このイベントをムービークリップ毎に書くのはめんどくさいので
クラスファイルを作ってみる

クラスってのは、一言で言うと・・・・・”ある機能を持った部品”というかなんというか・・・
基本的な解説はこちらをごらんあれ
http://blogs.adobe.com/akamijo/archives/2005/12/package.html
http://www.rcc.ritsumei.ac.jp/~romer30/seminar/actionscript30/class.html
http://www.1art.jp/flash9/chapter/133/

まぁ、ボタンクラスを作ると
いちいち、長ったらしいスクリプトを書かなくても、呼び出して使えるってところだぜ

そして・・・・
この作ったクラスでムービークリップを書き出す
書き出しは、

ライブラリ–>ムービークリップを右クリック–>プロパティ
で書き出し設定をおこなう

こんな感じ

できたのはこれ

よっしゃ、とりあえず動いている

どうだ、やってやったぞ
んー、なんか満足した、気がする。。。

よかったら、作ったやつをどうぞ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ダウンロード:
ボタンやクラスを作ったのサ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ちなみに、Adobe Flash CS4のファイルです。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

3 thoughts on “ボタンを作りまくる