そういえば関越と東名間の外環道ってどうなってるの?


いつもランニングコースで通る東八道路で最近ずっと工事をやっている。
どうも、関越と東名をつなげる東京外環工事の一部らしい。

で、ふと思った。

そういえば、外観プロジェクトっていまどうなってるんだろう?
とホームページを見てみた。

東京外観プロジェクトはこちら。

どうやら、つい最近トンネル掘削用のシールドマシンを投入したらしい。
進捗はまだほんの少し進んだ程度。

月500メートル掘り進むようですべての掘削完了までには2年以上かかるみたい。
ランプとトンネル内の整備等合わせて考えると、
工事が完了するのは最速でも3年半~4年程度はかかりそう。
開通は令和4年ごろだろうか?

これ、完成すると何がうれしいかって、
関越へのアクセスがめちゃくちゃ楽になるってこと。

今まで環八を使うしか選択肢がなく、
その環八がほぼ年中渋滞しているので関越に出るのに下手すると1時間近くかかる。
最近はそれが嫌で、八王子から鶴ヶ島までの迂回経路をたどっていた。

特に調布あたりからは東八道路にインターができると
自宅からほんの15分程度で関越に入れる。八王子から鶴ヶ島への迂回より断然楽。

何よりも練馬ICへ向かう車で年中渋滞していた環八と甲州街道の混雑が緩和されるのはドライバーにはうれしいことだ。

おまけに東名から関越に直接乗り入れることができ、
かつ外環を通って常磐自動車道や千葉方面に抜けられるのは物流的にも優しいはずだ。

今から開通が楽しみだ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください