2倍の法則


色々とレースを経験してくると
自分なりの法則を見つける事がある。

男子フルマラソンのトップ選手は
2時間10分を切るペースで42.195キロを走りぬける。
普通の人なら大体その2倍が完走タイムの目安になる。
(と勝手に思っている。)
なので、4時間10分~4時間30分程度でクリアできれば
まずまずの記録といったところ。

もちろん、普通の人と言っても全く鍛えてない素人の事ではなくて、
日ごろからちゃんと走っている人の事。

ハーフマラソンだとトップ選手は1時間を切る。
その2倍の2時間を切る程度の目安がまぁまぁ普通といったところ。
この間の東京タワー階段競走でのトップ選手は2:01。
自分は4:15だったのでやはり、大雑把にトップ選手の2倍のタイムだ。

つまり

大体トップ選手の完走タイムの2倍が
普通の人の目安になる

と自分勝手に思ってる。

という事は、
制限時間がトップ選手のクリアタイムの2倍もないレースは
かなりハイレベルなレースということになる。
例えば別大マラソンやボストンマラソンなど。
(別大は制限が3時間30分、ボストンはエントリー資格が厳しい)

 

この週末に迫ったマウンテントレイルイン野沢
男子トップの記録は6時間45分。
1~10位までの記録は大体7時間~8時間程度。
改めて見てみると凄い速さだ。

2倍の法則を適応すると
自分はその倍の14時間~16時間がクリアの目安になる。

大まかにレースプランを立ててみた所
自分の今の実力だと16時間半が目安になりそう。
やっぱり2倍だ。

初めて挑戦する場合などは目安がつけづらい場合がある。
なので、だいたい2倍くらいと思うとちょうどいいかも。
この2倍の法則、意外に使えるかも?

 

マウンテントレイルイン野沢まであと4日。

初のトレイルレース。
2倍の法則で大まかなペースをイメージして
とにかく完走さえできればそうれでいい!

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください