ウルトラとは自分を超えるための壮大な旅である


ウルトラとは自分を超えるための壮大な旅である

ノースフェイスのパンフレットにはそんな言葉が書かれてあった。
さらに続けてこんな事がつづられている。

 

多くのウルトラランナーは、ウルトラの事を競技ではなく旅になぞらえている。
もちろんタイムレースだから競う相手はいるのだけれど、

競う相手はむしろ自分自身だ。

いったいあと何Kmの道を走ればいいのだろう。
そして、ゴールで誰と喜びを分かち合うのだろう。不安と期待が入りまじる。

フィジカルの強さだけでなく、心に打ち克つことが求められる。
だからエリートランナーでも、ビギナーでも、

ウルトラランナーはみな挑戦茶であり、旅人だ。

どれだけの準備を積んだとしても、肉体的な疲労や苦しみはまず避けようもない。
でも、そこには想像を超える何かが待っている。
単に自分の限界を超えるのではなく、自分の内面に出会う旅になる。
ただ厳しいだけじゃない。ウルトラにはロマンがある。
汗と涙と笑顔がある。

心を揺さぶる何かがある。

その何かを面白がれる好奇心を持ちさえすれば、

ウルトラは、何にも代えがたい自分サイズの冒険になる。

※一部抜粋。

 

なんともウルトラの事をとてもよく表している。

そうウルトラは旅だ。

仲間とライバルと何よりも自分自身とを共にする長い長い旅だ。
そこにどんな物語があるのか?一体どんな最後を迎えるのか?
その事を確かめるために、僕たちウルトラランナーは旅にでるのだ。

 

富士五湖ウルトラマラソンまで
あと1日

ついにここまで来た。

さぁ、旅へ出発しよう。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です