真夏の大フルマラソン大会! 1


空気がサラサラしてる!!

札幌に到着して最初に感じたのは
心地のいい暑さと空気のうまさ。

東京からは遥々1000キロ。
ついに決戦の地北海道にやってきた!

北海道マラソンの始まりだぜ!

この大会の最大の特徴
それはなんといっても

夏開催の唯一の大会

ということだね。

実は大会に向けた準備が全く出来ていない状態で
レース本番まで着てしまった・・・。
完全に調整不足!
おまけに

風邪を引き、
のどを痛め
咳が止まらない。

さて、いったいどうなることか・・・。

 

大会前日は選手受付で札幌は大通り公園へ、
驚いたのは道がとにかく真っ直ぐなところ。
京都は碁盤の目は有名だけれど、それ以上に良く整理されている。
その足で狸小路とその周辺を散策。

一度行ってみたかった北海道神宮にも足を伸ばすと
なんとなんと!

北海道神宮にて虹に出会う!!
なんという幸運ッッ!

これはいいことがあるかも?

 

前日は風邪の影響で

咳が止まらず
思わず起きてしまう始末。

内心ヤバいな・・・

って思ってた

レース本番、選手会場に入ったのは6時半。
暑さはまだ無い。
じっくり準備しながら過ごすこと1時間半
じわじわと人が増えて来くる。

去年参加した神戸マラソン以来の大規模マラソン

参加人数およそ2万人!

その全員がスタートラインにそろうと

まさに圧巻の一言。

レーススタートは9時ジャスト。
制限時間は5時間とやや難度が高い。

スタート後雲で太陽が隠れてくれていた事と
時折吹く風で予想外に涼しい。おかげで走りやすい。

その走りやすさのお陰で走り出しから10キロまで

ぎりぎりサブ4のペース

で入ることができた。

この時頭の中で「あわよくばサブ4」という声が聞こえる。
ただトレーニング不足で脚がどこまで持ちこたえるかが分からない。
幸い給水所が2.5キロおきに設置されていたお陰で
給水所をターゲットに短い区間のペース維持を繰り返して
なんとか5分30~40秒くらいのペースを何とか20キロまで保つ事はできた。

20キロ過ぎ脚の筋肉に疲労が徐々に溜まっていく。
ハーフを終えた時点で1時間59分台

「やっぱりサブ4は無理か」

と思いつつも
ここからセカンドウィンドウが始まる!

ストライドは伸びないもののピッチがわずかに上がり
5分30秒のペースを25キロを過ぎても何とか維持。
30キロまでギリギリ、サブ4ペースを保つ事ができた!
こ、これは?もしかしてイケるかも?

と、希望が見えたのもつかの間
ここから雲がはけて太陽の日差しが強くなる

すごい暑さ・・・
キツイ・・・

給水所毎に水をかぶり体温を維持しようしても
直射日光が体に刺さり、

コレが・・・
コレが真夏の
フルマラソンのキツさなのか!!

思えば前半は運がよかった。
雲のお陰で暑さを耐えられていたわけだ。

結果35キロ過ぎ一気にペースダウン。
あ~~こりゃもうダメだわ~~と

気持ちが萎える。

39キロ過ぎからの残り3キロはほんとに長かった・・・・
レースの終盤は大体残り距離が長く感実ものだけど

ラスト3キロは地獄だったよ・・・

けっか!!

フィニッシュタイムは
04:03:30

ギリッギリ!サブ4はムリでした!!
情けない・・・

最後7キロ諦めてなかったら
イケてたかも・・・

 

翌日は

お土産を漁りながら
札幌市内をうろついた。

 

平日の札幌・・・

働く人々・・・
そこには今まで通りの日常が戻っていた・・・

大会の記憶を微かに備えて・・・

 

さてはて、

お次は横浜マラソンだ!!!

初の関東でのマラソン!
一体どうなることやら・・・


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

One thought on “真夏の大フルマラソン大会!