今日のバイク ノーモア関ケ原


熱田、伊勢、熊野、三輪、奈良、京都
紀伊半島を巡ったキーハンターツアー

ラストは、再び長野へ引き返す!!

京都から長野まで!走りぬけるのだ!

京を出た後は琵琶湖の東側を沿うように北上する。
途中彦根城を眺めながら伊吹山のふもとを東へ。

ここで、ある場所に立ち寄った。

慶長5年。1600年、9月15日。
ここで天下を分けるおお戦があった場所。
そのおお戦とはあの・・・

関ケ原の戦いだ!!

実際現地にを走ってみた感じは、
結構起伏に富んでいて、だだっ広い草原の戦場の想像とは全く違ったぞ。

石田三成が布陣したとされる笹尾山。
この近くには

関ケ原ウォーランドなる
テーマパークがある

一体どんな場所なのか?
とりあえず立ち寄ってみた。

入場料は500円。

メタクソそっけないオバちゃんが
チケットを売っている・・・(;´・ω・)

そして、ゲートをくぐるとそこには!!!

ショボイ馬と武士の
粘土像?が出迎えてくれた!!
こ・・・・これは・・・・Σ(゚Д゚)

場内には何十体もの武士や有名武将
何ともショボイ独特の像が立ち並んでいて、
さながら関ケ原の戦場に居るかの様な雰囲気だ。

関ケ原の戦況を伝える語りが放送され、
雰囲気を盛り立ててくれている。

甲冑のコスチュームの貸し出しもある。
武士になり切った気持ちで場内を巡ることが出来るぞ。

どうやら子供たち用に、隠れサインもあるようで
小さい子たちは、関ケ原そっちのけで園内を走っていた。

そして、関ケ原の時には死んでいた
ほぼ無関係の武田信玄も亡霊となって登場。

ノーモア関ケ原!と
なぜ英語なのか全くわからん
熱いメッセージが!!

戦は繰り返したらあかんのです!!

ただ、もうちょっと像の
出来が良かったらいいのに・・・。(´-ω-`)

 

それにしても

団体客やカップル、家族連れ。
こんなに像がショボイのに
お客さんの入りも悪くない。
駐車場も広い。

そこが不思議だった。

史跡とはいえ、
特に特徴があるわけでもなし。
なぜこんな所に人が集まるんだろう?

と、近くにあったお土産屋に立ち寄ってみた。
さっきのウォーランドとは違い
お土産屋は綺麗に整っていて活気もある。

さっきのオバちゃんと違い
店員さんも元気いいっぱいだ。

そこで目にしたのは
御用邸のチーズケーキ。

どうやら、この地域?かこのお土産屋限定品で、

試食した所、これが結構旨い。

価格も1000円と手ごろでボリュームある。
きっと人気商品なんだろうと思う。

おまけにインターも近くにあるから、
観光客が、行き帰りに立ち寄って
お土産を買うには絶好の場所だ。

恐らく答えはここにある。
なるほどなるほど、そういう事だったのか。

ほかにも飛騨牛のつくだ煮や漬物。
全く関係ない真田丸のクッキーもおかれていたw

関ケ原からは愛知のの北部をなぞるように
再び長野へつながる国道19号へ。

ちなみにお土産に買ったチーズケーキは
炎天下のなかだったので見事に溶けちゃいましたww

 

長野で一泊してから東京へ帰還。
帰還する際に、途中秩父を挟むと
比較的信号ストップも少なく帰れる事が判明。
今度から長野から下道だけで帰るときは
秩父を経由することにしようっと。

 

今回の走行距離385キロ
+長野東京間の220キロほど!

screenshot_2016-08-19-21-53-48

今回の旅は主に紀伊半島の要所を巡ってみた。
毎年恒例の地、思い出の地、新たに訪れた地、

素晴らしいキャンプ場、ガスボンベ爆破事件、
混浴に驚き、神々の山を巡り、京でゆっくり一晩。

実にいい経験が出来た。

ありがとう!
キーハンターツアー!!

 

全体の走行距離は!

はじまりは62484キロで終わりが64529だったので・・・

合計!2048キロ!!
現在の走行距離は
5335/10000キロ

このまま行くと
今年も10000キロ達成は難しそうだな・・・

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください