宛先のない風みたい


思い出したよ
あの時の感動を

なんだか今の自分が
ずいぶんとちっぽけに思えるよ

大切なものってさ
意外と忘れてるんだね

僕は
それを思い出せたから
幸せなんだ

まるで空を泳ぐような
まるで空を駆けるような

果てまで行ってしまいそうだよ

こころはどこまでも飛んでいくのサ

どこまでも

だからココっていう
実感があるんだ

そう想う

向こうにあるのはなんだろう?
だからこそ
立ち止まっているわけにはいかない
明日には何があるんだろう
だからこそ
自分たちは歩んでいくのだと

風さ

 

僕があこがれたのは
風さ

 

宛先のない風みたい

 

 

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください