最低40キロのLSD


いわきの大会が目の前に迫ってきた!

が、

迫ってくる大会はそれだけじゃない!

4月は富士五湖ウルトラマラソンだ

去年の11月にすでにエントリーずみ!

挑戦するのは最も距離の長い富士五湖チャレンジ

距離は自己最高の118キロ
もう少しでフフマラソン3発分に匹敵だぞw

いやはや、とんでもない大会に申し込んでしまったわwww

 

去年の飛騨高山ウルトラマラソンの大会で
とある長距離選手がこんなことを言っていた。

どうやったら長い距離を走れるか?というインタビューアーの質問に対し
「長距離を走り切るには、実際に長距離を走ってみるしかない」、と。

少し妙な聞こえだが、よく考えればそれもそうだ。
短い距離のトレーニングを何度も走っても長い距離を走れるようにはならない。

フルマラソンだって完走を目指すなら最低15キロを走破しないと。
フルマラソンは15キロがほぼ3回。
これを数時間で走り切るのだから、15キロで限界が来ている様では完走は難しい。

去年の飛騨高山では、大会に向けて週末にロングランを何本か行った。
最長距離では65キロほど。
そのトレーニングのおかげかナントカ完走することが出来た!

大会までのこりおよそ3か月。
今回も大会に向けて長距離トレーニングをやっていく。

まず最低40キロのLSD。

タイムは気にせずに、とにかく長い距離を走る。
距離よりも長い時間体を動かすことの訓練だ。

走りだけじゃなくインターバルのとり方も練習する。
どうやって効果的に疲労を回復されるかって点も
長距離では凄く重要になってくるからな。

大会前までには
80キロの練習はやらないと。

80キロでも長く聞こえるが、本番はそこからさらに
フルマラソンに近い40キロを走ると考えれば。
80キロ位何事もなかったかのように走る実力が必要だ。

最後は一人箱根駅伝でもやろうか?

ちょうど大会と同じ距離だし、やってみる価値はあるかもな。

 

折角長い距離を走るのだから、どこを目指して走ろう
やっぱり、目標物決めて何か楽しみながら走らないとね。

とはいっても自宅から100キロ圏内はバイクのツーリングで
しょっちゅう巡っているので目新しい場所がないんだよな。

秩父までが大体70キロ。自宅から100キロだと九十九里浜。
んー、どこを走るか、意外に悩みどころだな。

 

富士五湖ウルトラマラソンまであと78日
いわきサンシャインマラソンまではあと8日!

ある意味いわきサンシャインマラソンも
ウルトラマラソンのための訓練の一環だったりなw

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください