シンスプリントとの闘い その4 痛みが消えた!


走ることを止めて2週間半。
遂に痛みが消えた!

痛くないっていう当たり前のことが、こんなに楽しいとは思わなかったぞ!

今日はウォーキングと合わせて、途中の4キロを走ってみた。
当初はスロージョグ程度で様子を見ようと思っていたけど、
走り始めたら、もう止められない!
4:15くらいのペースまで一気に上がり後半見事撃沈www
ペースが勝手に上がってしまうほど走りたかったんだなぁ~~、俺は。

まだ、ほんとにホンのわずかにアキレス腱に違和感が残るけれど、
この土日は走らないから、週明け月曜からは、ついにランニングが本格再開できる!

この2週間半の治療。

最初は冷静に痛みの状態を見極めることからはじめ、ネットの記事をあさって色々と調べた。
特にストレッチ方法などはすごく参考になった。

基本は走らずに、安静にしていること。

なのだけど、
今まで日常的に走ってきた生活習慣を、いきなり止めるとやっぱりストレスがたまる。
ストレスがたまると「痛いけど走れる」「走れそうなら走っちゃおう」って気持ちになる。
5月、6月はこれが原因で治療に失敗した。

今回は、普段走っている時間と同じ1時間半~2時間のウォーキングをすることにした。
これが結構よかったかもしれない。
走ってはいないけど動くことで精神的満足感があって走ることを我慢できた。
それに、ウォーキングのおかげで体重も増えていない!
ちなみに1時間半~2時間のウォーキングって結構大変よ!
走ってる方がよっぽど楽だわwほんとにw

それからスクワットや腹筋、プランクなどの筋トレをやった。
5月にはサイドプランクが結構苦手だったんだけど、
この2週間の成果なのか、最近は楽にこなせるようになってきた。
こうやって別のトレーニングメニューに切り替えることも精神的な満足感につながったと思う。

もちろんストレッチもしっかりやった。

痛みが小さくなり始めたのは、4日程度たってから。
1週間目でずいぶん良くなり、1週半もしたら十分走れるまで痛みが引いた。
けど、ここが我慢のしどころ。

ちょっとでも痛みや違和感があったら走らない。
「走れそうだから走る」とまた悪化させてしまう。

ようやく違和感がほぼ消えたのはおととい。

痛みが無いって感覚を3カ月ぶりに取り戻したよw

治ってみて改めて思う事。

4月からずーっと、痛みがあり、5月には徐々に悪化。体重をかけるだけでも痛みがある日もあった。
5月の終わりには一度走らず様子を見たこともあったけど、
「痛いけど走れる」という気持ちに駆られ走りを我慢できなかった。

6月は運動強度を下げて、スロージョグ中心のランに切り替えたものの、
これが治療の失敗につながった。
痛みの具合は変わらず、結局1カ月引きずってしまった。

「走らないと」という変な義務感や強迫観念にとらわれてしまい、
「痛いけど我慢して走ろう」っていう危険な考え方にハマってしまった。

治したいなら、治療に専念すること!

これ、ホント大事だと思う。
治療中はトレーニングができないけれど、治療をしなければ走ることもできなくなってしまう。
それに中途半端な治療はかえってケガを長引かせるだけで何一ついいことはない。

それから、

治療の効果を実感すること

も重要だと思う。

痛みが徐々に消えていることを実感するって
モチベーションにもつながるんだよね。

治療をしていても、一向に痛みがなくならないのは、
方法が間違っているか、別の要因があるはず。

6月は治療しているつもりが、単に状態を冗長化させていただけだった。
良くなってないなら、方法が間違っている。って冷静になることも大切だよな。

4月からの3カ月間は

「治らなかった」のではなく
「治さなかった」といった方が正しい。

4月からずいぶんと苦しめられたシンスプリントだけど
ちゃんと治してみれば、なんてことはなかった。

シンスプリントは必ず治る!

同じような悩みを抱えてるランナーさんも
しっかり治療して治してほしいね!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください