ノートPC買うならHPッスね


特別定額給付金が振り込まるぞ!
さて、なにに使おう?

という事で、まだ何に使うか決めかねているけれど、
候補の一つに上がっている新しいノートPCについて軽くリサーチ。

買うならハイパフォーマンスがいいなと思い、
主にビデオカードがRTX2070以上を搭載しているノートパソコンを中心にウォッチ。
価格帯やサービス、ホームページの情報や雰囲気を見ながら
その印象とお得さを元に勝手にランキングしてみた。

では、6位のLenovoから。
LenovoのLegionシリーズは価格は25万からとほかのメーカーとさほど変わりがなかったが、
ホームページが兎に角重く、見づらく、おまけにCSSが崩れてグチャグチャ。
それだけで十分探す気が失せる。失格レベル。
ホームページはシンプルにしたほうがいいよ・・・。
イチイチ魅せようとしすぎると返って魅力が失せる。

5位はNECのLAVIE VEGAシリーズ。
価格は18万程度からなんだけど、なんと!他のメーカーが出していない
Ryzen+Radeonという変化球にあっぱれ!合わせ技一本!
ランクは低いけど特別賞を授与!

4位のパソコン工房は、ホームページが非常に分かりやすく、軽快に商品が観られた。
27万と他よりもやや高いがRTX2080搭載が魅力的。これはナカナカいいな!
と思いきや、搭載メモリーがたったの8Gwww
「なんでやねん!」と思わず突っ込まざる得ない所に謎の愛着を感じた!
審査員賞を送りたいw。

3位のDellのALIENWAREシリーズ。
価格は25万円~で、OSはWin10 Pro。
ちょっとばかりホームページが見にくく、重いのが引っかかる。
加えて必要な仕様情報がすぐに確認できないのは痛い。
もう少しシンプルに出来ないものか・・・。

2位のマウスコンピューターのGTuneシリーズ。
マウスは下取りサービスがあるのが魅力的!それにホームページが軽快で見やすいのがいい。
価格は25万からでOSもWin10 ProとDellとほぼ同じだけれど、
ホームページの使い勝手でこちらを上位にした。

ちなみに、東芝は25万円の価格帯にもかかわらず、
性能が他のメーカーよりも2ランクも下。全く魅力を感じない。
よって、DNF。

1位はHPのOMENシリーズ。

価格は18万ほどと他のメーカーを圧倒、しかもOSがWin Proって所がすごい!

コストパフォーマンスが最強。
おまけにホームページもまずまずの見やすさと、軽さ。
それにインパクトのあるレイアウトが気に入った。
流石売れ筋メーカーは色々と格が違う!

ハイパフォーマンスの

ノートPCを買うならHPで決まりだな!

とまぁ、一人で勝手に盛り上がっていたのだが、
実際に買うかどうかはまだ分からない。
ひとまず、今のノートPCのパフォーマンスが少しでも回復できるように、
一端OSのクリーンインストールをやってみる。
現状自宅作業といっても会社のマシンにリモートしているので
リモートの最中はあまり不便を感じない。

むしろノートPCではなく久々の自作でも組んだ方がいいのかな?
まぁ焦らずじっくり決めるとしよう!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください