TENETの制作費2億ドルだそうです


クリストファーノーラン監督の

期待の新作TENET(テネット)

先月の年末に遂に予告編が公開され、その内容が徐々に明らかになってきた!
主人公は第三次世界大戦を防ぐミッション?に送り込まれるが

その世界では時間が反転!?している!?

え??どういうこと?
主人公が時間に逆行しているのか?世界が逆行しているのか??
そして、第三次世界大戦といえば核戦争を予想するが、
どうも核戦争よりも最悪の自体が起きるらしい・・・。

一体どんな話なんだ?

インターステラーやインセプションなどでは時間軸を巧みに使った物語で
観客の予想を覆してきた監督だけに、今回のトリックは一体どんなものなのか??

今から楽しみ!!

して本作の制作費は2億ドルになるそうだ!

で、最近の映画の予算をちょっと調べてみた

2019年に公開された映画での予算はこんな感じ。

アベンジャーズ、エンドゲームは制作費、約3.7億ドル
スカイウォーカーの夜明け、約2.8億ドル
ジョーカー、5500万ドル(0.55億ドル)
x-メン ダークフェニックス、2億ドル
アイリッシュマン、1.6億ドル
ゴジラ キングオブモンスターズ、2億ドル
トイ・ストーリー4、2億ドル。
ターミネーターニューフェイト、1.7億ドル

過去のビッグタイトルでは、

ロードオブザリング 王の帰還、約1億ドル
スター・ウォーズ シスの復讐、約1.2億ドル
アバター、2.4億ドル
パイレーツオブカリビアン ワールドエンド、3億ドル
アベンジャーズ、2.2億ドル
ジャスティスリーグ、3億ドル
X-メン、アポカリプス、約1.8億ドル
スタートレック イントゥダークネス、1.9億ドル

同監督作では

インソムニア、約5000万ドル(0.5億ドル)
プレステージ、4000万ドル(0.4億ドル)
バットマンビギンズ、1.5億ドル
ダークナイト、約1.9億ドル
ダークナイトライジス、2.5億ドル
インセプション、1.6億ドル
インターステラー、約1.7億ドル
ダンケルク、1億ドル

こう見てみると、
やはりヒーロー映画のビッグタイトルは3億ドル越え、
日本円にしたら320億円以上!
桁がおかしよ・・・。

同監督作では、ダークナイトライジングで2.5億ドル。
こう見てみると、今回のTENETの制作費2億ドルは、
監督の作品ではダークナイトと同じくらいなので、
とびぬけて高いというわけではない。

とはいえ、ジョーカーが0.55億ドルで制作されていると考えると、
単純にジョーカーが4本近く作れてしまう・・・。
桁がやっぱりおかしい。

それだけ、売り上げが既に期待されているし、
クリストファー・ノーラン監督は安定のヒットメーカーなので
これだけの予算がでるんだろうなぁ~。
これで売れなかったら大変なことになる。

ちなみに昨年公開されたアイリッシュマンは、Netfilxでの公開で
劇場公開はわずか。予算が1.6億ドルに大して売り上げは、わずか650万ドル(0.065億ドル)
だ、大丈夫なのか!Netflixさん!!
映画の出来が最高なだけにこの売り上げは寂しいどころか、心配になるレベル。
もう少し長く公開できなかったんだろうか?

「きもい」「こわい」と散々言われている、
超低空飛行のキャッツは、約1億ドル(0.95億ドル)

まだ最終売り上げは不明だが評判の悪いさからすると、
この後どこまで伸びるか?

さて、謎多きSF映画「TENET」
どれほどの興行収益が出るか?

TENETは今年9/18(金曜)公開予定!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください