高速箱根駅伝!


遂に令和初の箱根駅伝に決着!!
優勝は青山学院!!

抜群の安定感でぶっちぎりの優勝。
復路では追いかける東海を一切寄せ付けず、
そのまま首位を独走してフィニッシュ。
2年ぶりに原監督が宙を舞った。

総合のタイムは10時間45分23秒!!

ナント!ナント!
去年の東海大学が出した

10時間52分09秒の記録を7分も更新!

ドンダケ速いんだよ・・・。

2位の東海も、10時間48分25秒。
この記録も去年よりも3分も更新し新記録。

新記録なのに2位って・・・。

3位の國學院は、10:54:20
4位の帝京大学は、10:54:23
5位の東京国際は、10:54:27
6位の明治大学は、10:54:46

なんと!!、26秒内に4大学!!

この10時間54分という記録も、
例年なら優勝してもおかしくない記録だぞ。

そこに追従した早稲田大学と駒沢大学、
そして、創価大学も10時間57分、58分と
11時間切りを達成している。

因みに2015年に青学が10時間49分27秒を達成しているが、
こちらの記録はコースが違うため、参考記録になっている。
その参考記録に対しても今年の青学は10時間45分という圧倒的な速さだった。

さらには、今年の箱根がどれ程の高速駅伝だったのか?

10区間中7区間で新記録を達成する

怒涛の区間新ラッシュ。

ここまで高速駅伝になった理由は?
きっと今頃は色んな所で話し合ってるだろう。
個人的に思った事は大きく2つほど。

一つは天候。
今年の箱根は気温も安定していて無風。
走るには絶好のコンディションだった。
特に風が無かった事は選手の好走につながったに違いない。

そしてもう一つは、今最大の話題になっているポイント。

ヴェイパー効果。

一部アディダスやニューバランスやミズノ、アシックスも見られるが、
殆どのがナイキのヴェイパーNext%で走っている。
優勝の青学はスポンサーがアディダスにも関わらず、
全員がヴェイパーを履いて走った。

ヴェイパーが好走や記録につながったと考えるのも当然。

ただし、ヴェイパー自体は多くのランニングコーチが指摘している通り、
基礎的なフォームや走力が備わった選手が上手く履きこなしてこそ
真価を発揮するシューズだと思う。

高いギターを買っても、いきなりギターが弾けないのと同じ。
素人が履いたら、いきなりヴェイパーを履いても
速く走れるようにはならない。

ここまでヴェイパーがもてはやされるのは、
選手の実力を最大限発揮してくれるからだと思う。
一部の選手がIAAFにヴェイパー規制の申し出をした理由も何となく分かる。

それにしても、毎年毎年好記録が連発するが

来年はどんな好記録が飛び出すんだろうか?

箱根駅伝が終わりマラソンシーズンは中間点を越えた。
これからは都道府県対抗駅伝、
MGCファイナルチャレンジの一角の東京マラソン、
それにマラソン大会が各地で開催される。

マラソンシーズンはまだまだアツイ!


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください