今日のバイク 仙台は伊達じゃない!その2



伊達じゃない。

意味:単なる飾りや見掛け倒しではない。ちゃんと中身がある様。

 

つづき

瑞鳳殿をひとしきり見た後は

仙台城跡へ!

周囲を天然の外壁に守られた要害。
あたりは山になっていて想像以上に地形が激しい。
初めていった人はちょっと驚くんじゃないかな?

ここは仙台を一望できる絶好の場所。
最も景色の良い場所には
あのテレビでもお馴染の・・・

伊達政宗公の像がある。
まるで今も仙台を見守っているかのようだ

この城跡は入場無料。(車は駐車料とられます)
領内には神社があってそこに参拝もしてきた。

この日は大和の模型展と大東亜戦争展が催されていし
天気も良かったのでかなりの人出だったと思う。

仙台城跡の次は

地底ミュージアムなるところに行ってみた
名前からしてちょっとソソられる(゚∀゚)

ここに展示されているのは、氷河期の時代の植物の化石。
仙台一体を覆っていただろう針葉樹林の名残だそうだ。

入ると早速出迎えてくれたのは、グラタン形の巨大な展示物。
大きさはテニスコート3面くらいはあると思う。

映像や、研究員さん?による解説付き。

そこから上階の展示ブースに行くと・・・

なんかアダモちゃんがいる・・・(´゚д゚`)

何かと思ったら

何と!この博物館では
古代人が暮らしているのだ!!

この演出は結構面白かった、
実際この古代の人たち言葉がまったく通じない!
「うがあぁ~~ああ~~!うっうっ!!」と喋り

しかも・・・
なんか石器つくってんスけどwww

これには子供は大喜び(一部のちびっこは本気でビビってたけど)
いやはや、まさか古代人を本気で連れて来るなんてな・・・・

流石仙台!伊達じゃないぜ!!

この日は仙台市内からおよそ40キロ。秋保温泉という所で宿をとった。

宿は華の湯。結構綺麗な宿で驚いた!この宿内湯が7か所だか8か所あるらしい。
内湯を巡っているだけでも一日潰せそう。

宿の豪華さにハシャギ過ぎて酒をガブ飲み!

夕食でもさらに酒をあおって、完全にヘベレケになり、結局

エスカルゴをやたら食べていた記憶しかない・・・

次の日にフロントのお姉さんが

「昨日あんなに飲んで大丈夫でしたか」と声をかけられるほど・・・
これが全然覚えてないのよ・・・

なんかこんな綺麗な宿に泊まっておいて損した気分・・・

最後は東京までひたすら下道を走ることにした。

仙台から東京までは350キロほど、
下道で延々走ってきたのだが、おおよそ10時間ほど。

途中渋滞だったり、休憩だったりを挟んだので、
流石にスマホの指示通りの時間で走り切ることは出来なかった。

それにしても

目的地に自宅を選択する時ほど
悲しいものは無い。

旅の掟とはいえ・・・最後はいつもこの悲しさとの戦いだ。

もっとこの場所にいたい!

けれど帰らなければいけない・・・

そう感じることが旅の
本当の醍醐味なのかもしれない。

今回悪天候で仙台でいきたかった場所は全て周りきる事は出来なかった。
なので必ずまたこの仙台を訪れよう。

全て回りきってしまったら、
次に来る時の楽しみが無いだろ??

とにかく

仙台は伊達じゃないぜ!!

奈良よりも距離は短いから、
関東からも結構気楽に行ける場所なのかも?

 

今回の走行距離
全て合わせて1513キロ
現在の走行距離
1973/10000キロ

夏はこれからが本番!
さてはて今度はどこにいこうか

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください